色素性乾皮症(XP)<遺伝的要因による疾患>の診断と治療の方法

 遺伝子変異が見つかった人、あるいは家系内でリスクが高いと考えられる人については遮光(しゃこう)します。神経症状は予防できません。2〜3カ月に一度、皮膚科を受診します。亜群の患者さんには、前がん症治療を兼ねたケミカルピールまたは表皮剥離(ひょうひはくり)を行います。