深頸部膿瘍<のどの病気>の症状の現れ方

 先行する歯の炎症や咽頭炎のため、口腔内、咽頭に痛みがあり、そのあとに頸部の腫脹(しゅちょう)や発熱が出現します。頸部の腫脹、熱感、発赤(ほっせき)などとともに、咽頭痛や嚥下痛があります。開口障害、嚥下困難、呼吸困難感などが出ると重症です。

深頸部膿瘍<のどの病気>の診断と治療の方法

 治療の基本は抗生剤の点滴治療と、外科的に切開してうみを出すことです。軽度の場合は膿瘍に注射針を刺してうみを吸い取り、あとは抗生剤でよくなります。膿瘍が形成され首のはれが著しい場合は、切開排膿して数カ所にうみを出すためのドレーンを入れ、洗浄します。
 並行して抗生剤の点滴治療を行います。頸部の炎症が強く、喉頭に浮腫が認められる時は呼吸困難を生じるので、気管切開を行う必要があります。