リステリア食中毒<食中毒>の症状の現れ方

 健康成人では、1gあたり100個以下の低い菌数の汚染では感染することはありませんが、高い菌数の汚染を受けた食品を食べると、9〜48時間で発熱を伴うインフルエンザ様症状がでます。この症状は気づかれないまま過ごしてしまうこともあります。2〜6週間の潜伏期間のあと、髄膜炎敗血症などの重篤な全身症状を示します。重篤な症状を発症した場合は20〜30%の高い致死率となります。
 高齢者、免疫不全者、妊婦では、低い菌数でも感染することがあり、感染時期が不明であることも多くみられます。妊婦が感染した場合には流産や、胎児への垂直感染、産道感染を引き起こします。