先天性QT延長症候群<遺伝的要因による疾患>の症状の現れ方

 不整脈発作の症状として、動悸(どうき)、立ちくらみ、失神発作、けいれん発作などがあります。発作の多くは、短時間で自然に回復しますが、回復しない場合は死に至ることもあります。また、失神・けいれん発作はてんかんと間違えられることもよくあります。
 初回の発作は、幼児期から中年までのどの時期でも起こりますが、最も多いLQT1型では男性では小児期、女性では10〜20代前半が多いとされています。原因遺伝子により異なりますが、精神的興奮、驚愕(きょうがく)、激しい運動などがきっかけとなる場合もあります。先天性聾、四肢の脱力、身体奇形等を伴うものもあります。

先天性QT延長症候群<遺伝的要因による疾患>の診断と治療の方法

 発作の予防のために、ベータ遮断薬やその他の抗不整脈薬を内服します。日常生活においては、激しい運動や興奮などの発作の誘因を避ける、発作を誘発しやすい薬剤は服用しない、などの注意が必要です。内服薬の効果がない場合は、植え込み型除細動器、交感神経切除術等による治療が考慮されます。