多発性内分泌腺腫症<遺伝的要因による疾患>の診断と治療の方法

 手術治療が主体です。他の内分泌臓器にものちに腫瘍が発生することが多いので、定期的に専門家による検査が必要です。
 発症前遺伝子診断で診断された方についても、定期検査による早期診断が有効です。