脳のつくりとはたらきについて

成人の脳の平均重量は約1300gで、髄膜(ずいまく)や髄液(ずいえき)で保護され、頭蓋腔(とうがいくう)の中におさまっています。脳を取り巻いている髄膜には、骨側に張りついている脳硬膜(のうこうまく)と、脳にくっついている脳軟膜(のうなんまく)、脳硬膜と脳軟膜の間にある脳くも膜の3種類の膜があります。

脳は、大脳(正式には終脳(しゅうのう))、中脳、小脳、間脳(かんのう)、橋(きょう)、延髄(えんずい)からできています。大脳は、左大脳半球と右大脳半球が合わさって構成されていますが、左右の大脳の合わさり目はちょっと離れており、その溝を大脳縦裂(だいのうじゅうれつ)といい、その部分にも脳硬膜が入り込んでいます。

大脳の表層は大脳皮質と呼ばれ、灰白質(かいはくしつ)(神経細胞の集まり)でできています。表面は多数の浅い溝やふくらみで凸凹状になっており(脳溝(のうこう)、脳回(のうかい))、しわが寄っているように見えます。

大脳皮質は6層構造を持つ新皮質(等皮質)と、6層構造を示さない古皮質(異皮質)とに分類されます。ヒトは90%以上、新皮質で占められています。