全身の神経系について

神経は体のあちこちに網の目のように張りめぐらされ、無数の細胞や組織と連絡して、その機能を調整するはたらきをしています。

神経系は、末梢(まっしょう)からの刺激を受け、これに対して興奮をおこす中心部を中枢(ちゅうすう)神経系といい、脊髄と脳からなっています。刺激や興奮を中枢と身体各部との間で伝導する連絡路を末梢神経といい、脳と末梢とを連絡する脳神経と、脊髄と末梢とを連絡する脊髄(せきずい)神経からなっています。

また、感覚器や骨格筋などに分布し、随意運動のような動物性機能に関与する体性神経系に対し、不随意筋の運動や腺の分泌など植物性機能に関わるものを自律神経系といいます。

自律神経…内臓や血管、腺などに分布して、無意識的かつ反射的に、生命維持に必要ないろいろな作用を調節します。自律神経は交感神経と副交感神経とで構成されており、交感神経は心臓などのはたらきを促進し、副交感神経は逆に抑制します。