感覚神経・運動神経・分泌神経について

末梢神経はさらに、末端の器官のはたらきと伝達する方向によって、求心性神経(感覚神経)と遠心性神経(運動神経・分泌神経)とに分けられます。

感覚神経…体外・体内からの情報を受け取る感覚器官との間の連絡線を感覚神経といいます。末端で受けた刺激を中枢(脳・脊髄)に伝え、伝達方向が中央・中心に向かっているので求心性神経ともいいます。

運動神経・分泌神経…脳で考えたことを伝えるための神経。末端、遠方に向かっているので遠心性神経ともいいます。向かった先が筋肉の場合は運動神経、分泌腺の場合は分泌神経といいます。