血管の構造について

血管は、内膜、中膜、外膜の3層からなっています。動脈の壁は拍動性の血流と血圧に耐えられるよう厚く弾力があり、内部の圧が減っても丸い形が保てるようになっています。静脈の壁は薄く柔らかです。

動脈…心臓から出た血液を末梢(まっしょう)に運ぶ血管で、中膜の平滑筋(へいかつきん)と弾性線維(だんせいせんい)により伸縮性と弾性があります。末端は枝分かれして細くなっており、これを細動脈といいます。

静脈…毛細血管に続き、血液を心臓に送り返す血管で、中膜の平滑筋が少なく弾性も乏しくなっています。始まりの部分は細静脈といいます。場所により内膜に半月状の静脈弁を持ち血液の逆流を防いでいます。皮下組織内を走行する静脈を皮静脈と総称しています。

毛細血管…細動脈と細静脈とを結ぶ網目状の血管で最も細い血管(5~20μm)です。壁は単層の内皮細胞からなり、平滑筋はありません。壁の細胞のすきまを通して、血管内の血液中と組織の間で、栄養素、酸素、二酸化炭素、老廃物(ろうはいぶつ)などの物質交換が行われます。

この人体図で説明している体の部位