胃について

胃は、食道に続く噴門(ふんもん)に始まり、幽門(ゆうもん)で終わります。容積は約1200mlで、消化器官中最も膨大(ぼうだい)したフクロ状の器官です。

胃壁は内側から粘膜、筋層、漿膜(しょうまく)の3層からなり、粘膜には多数のヒダと小さなくぼみがあり、胃液を分泌する胃腺を構成しています。

胃内に入った食物(食塊)は、胃の蠕動(ぜんどう)運動によって、噴門部から幽門部へ送られます。蠕動は迷走(めいそう)神経によって盛んになり、交感神経によって抑制されます。

胃の内容物は、通常食後3~6時間で十二指腸へ移送されますが、炭水化物食が最も速く、次いで蛋白質食、脂肪食の順で長くなります。胃液は無色透明で、塩酸および消化酵素(蛋白質を分解するペプシン)を含んでいます。