小腸・十二指腸について

小腸の運動…小腸は胃の幽門に続き、腹腔内を蛇行(だこう)し、右下腹部で大腸に移行する6~7mの管状の器官。十二指腸、空腸(くうちょう)、回腸に区分されます。消化と吸収に関して最も重要な部分です。

胃から送られてきた食物(食塊)は、小腸の壁を形成する輪状の筋肉と縦に走る筋肉(平滑筋)の運動により、胆汁、膵液(すいえき)、腸液などの消化液と混和され移送されます。

小腸の運動には、蠕動(ぜんどう)運動、分節運動、振子運動の3種がありますが、蠕動運動は主に内容物を口側から肛門側へ移送する役目、分節運動、振子運動は内容物と消化液を混ぜ合わせる役目を持ちます。

十二指腸…十二指腸は胃の幽門に続く小腸の始まりの部で、C字型に湾曲し空腸に移行します。長さ25~30㎝で、およそ指12本の幅があることから十二指腸と呼ばれています。内側の壁には総胆管と膵管の開口部である大十二指腸乳頭(ファーター乳頭)がみられます。