肝臓のはたらきについて

肝臓は横隔膜のすぐ下、腹腔内の右上部を占める、重さ約1200gの器官です。大部分が肋骨の下に隠れています。

肝臓は胆汁を分泌して消化を助けるはたらきをしますが、そのほか胃や腸から戻ってくる血液中に含まれている栄養の処理、貯蔵、中毒性物質の解毒、分解、排泄、血液性状の調節、身体防衛作用などのはたらきをしています。

胆嚢…肝臓の下面につき、胆汁を貯えるナスの形をしたフクロです。肝臓で1日に500~1000ml分泌される胆汁は、胆嚢に貯えられ、十二指腸へ分泌されます。胆汁はアルカリ性で黄色を呈し、主な成分は胆汁酸、胆汁色素(ビリルビン)、コレステロールで、消化酵素は含まれていません。胆汁の役割は脂肪の消化吸収を間接的に促すことです。