ホルモンの種類について

ホルモンは、特定の臓器において微量に産生される特殊な化学物質です。各ホルモンは、特定の器官、特定の細胞にしか作用せず、そのはたらきの大部分は対象となる細胞の特定の酵素の合成を盛んにして、その酵素が関係している代謝を促進させることです。

分泌腺器官には内分泌腺と外分泌腺とがあります。

汗腺、唾液腺、涙腺などの外分泌腺には導管があり、腺細胞で作られた分泌物は導管を経て体の外面や消化器などの体腔内に放出されます。

それに対して内分泌腺は導管を持たず、分泌物であるホルモンは血液中に分泌され、血液循環を介して、そのホルモンの作用の対象となる器官や組織など、目的のところまで運ばれます。

内分泌腺には、下垂体(かすいたい)、甲状腺(こうじょうせん)、上皮小体(副甲状腺)、膵臓(すいぞう)、胸腺、副腎、性腺、松果体(しょうかたい)などがあります。

内分泌系