皮膚のつくりとはたらきについて

体の全面をおおっているのが皮膚で、毛や爪などの角質、脂腺、汗腺、乳腺などの皮膚腺を含め、それらを総称して外皮といいます。

皮膚は触覚、温度感覚(温・冷)、痛覚などの受容器があり、身体の保護、体温の調節などのはたらきを持っています。

皮膚の全表面積は、成人で約1.5~1.8㎡あり、損傷面積がその3分の1を超えると、塩分、水分が失われて生命に危険といわれています。

皮膚は表皮、真皮、皮下組織からなり、全身を包んで外界から身体を保護します。