外生殖器(外性器)-陰茎・陰嚢について

陰茎は、尿路と交接器を兼ねる器官で、背側の陰茎海綿体、腹側の尿道海綿体、その先端の亀頭(きとう)からなります。

尿道海綿体のほぼ中央を尿道が通り、亀頭の先端に外尿道口として開きます。陰茎海綿体は血管に富み、多量の血液が注がれ、勃起(ぼっき)の主役となります。陰茎の皮膚は亀頭との移行部でたるみ、包皮(ほうひ)と呼ばれます。

陰嚢は、腹壁の皮膚の続きで、精巣・精巣上体と精索(せいさく)の一部を包み、ふくろ状をしています。収縮時は表面にヒダが生じています。皮下には脂肪組織はありませんが、肉様膜と呼ばれる平滑筋層が発達しています。