女性生殖器のつくりについて

女性の生殖器管は、卵巣、卵管、子宮、腟、外陰部などからなっています。

卵巣…骨盤腔内で子宮の両側にある長さ約3㎝、幅約1.5㎝、厚さ約1㎝の卵円形の器官です。皮質と髄質からなり、皮質には種々の発達段階の卵胞(らんぽう)が散在しています。

卵管…卵巣から子宮底の外側までの間を走る長さ約7~15㎝の細い管です。子宮内腔(卵管子宮口)に続き、先端は漏斗状(ろうとじょう)に腹腔に開きます。

卵管腹腔口の漏斗の外周縁は卵管采(らんかんさい)と呼ばれ、一部は卵巣に付着しています。卵管壁の粘膜には線毛があり、卵子を子宮に送ります。

子宮…骨盤腔内で膀胱と直腸の間にあり、底辺が上になる下向きの二等辺三角形状です。正常な場合、前傾・前屈状態になっています。子宮の中は子宮腔といわれる空間で、胎児はその中で育っていきます。子宮壁は、粘膜、筋層、漿膜(しょうまく)からなります。

粘膜は子宮内膜といい、線毛上皮でおおわれ、多数の子宮腺を持ちます。卵巣周期・排卵に関連して一定の周期的変化がおこります。