膣・外陰部・会陰について

…子宮の下につながり、長さ7㎝ほどの管腔器官で、交接器および産道でもあります。下端は腟口として外陰部の腟前庭(ちつぜんてい)に開きます。

外陰部…恥丘、陰核(いんかく)、大陰唇(だいいんしん)、小陰唇、大前庭(だいぜんてい)腺、腟前庭が含まれます。大陰唇は外陰部の外郭を作る皮膚のふくらみで、前方の交連部を恥丘といいます。

大陰唇の内側には左右1対の皮膚のヒダ(小陰唇)があり、腟前庭を取り囲んでいます。小陰唇の前方、左右が合する海綿体からなる部分を陰核といい、腟前庭には、腟口(ちっこう)と外尿道口が開口しています。

腟口の後方両側には大前庭腺(バルトリン腺)があり、その導管は腟口の両側に開き粘液を分泌します。

会陰…骨盤の出口、恥骨結合(ちこつけつごう)から尾骨(びこつ)に至るまでをいいます。女子の場合、臨床的には腟口から肛門までの部を会陰(えいん)といいます。