受精と着床について

卵巣から排出された卵子が、卵管膨大部で精子と接合し、最初の体細胞ができることを受精といいます。受精卵は細胞分裂を繰り返しながら卵管を子宮内まで下がり、子宮内膜に定着します。これを着床(ちゃくしょう)といいます。着床した受精卵は母体内で発育を続けますが、この状態を妊娠といいます。

着床がおこると胎盤が形成され、母体より栄養を取り、胞胚(ほうはい)、胎芽(たいが)、胎児と発育し、分娩によって体外に出されます。