発熱について

発熱とは、脳のなかの間脳と呼ばれる部分にある体温調節中枢が何らかの原因で異常を起こし、体温が正常より高くなった状態です。発熱のメカニズムについては、まだ不明の点が多々あります。平熱は36・5~37℃前後の人が最も多いのですが、体温には個人差があり、それより高くても低くてもそれが平熱なら問題ありません。自分の平熱を知っておくことが大切です。

発熱から考えられる主な病気

高熱

気になる症状 疑われる病気名
全身倦怠感、消耗感、筋肉痛、関節痛、頭痛、腹痛、下痢、嘔吐
膿性の痰、胸痛、呼吸困難、唇が紫色、意識障害
夜間の頑固な激しい咳、10~30代に好発
鳥との接触歴・鳥の飼育、頭痛、胸痛、血痰
のどの痛み、嚥下痛、耳への放散痛、全身倦怠感
激しい頭痛、悪寒、項部硬直、意識障害
腹痛
右上腹部痛、黄疸
茶褐色の尿、白い便
血液の混じった下痢
黄色い液を吐く
へそ周囲の痛みから右下腹部痛、吐き気、嘔吐
下腹部を押して離すと痛む、気分不快、嘔吐
頻尿、排尿痛
腰痛、背部痛、血尿
排尿困難、残尿感、会陰部の痛み
全身倦怠感、息切れ、出血しやすい・とまりにくい、貧血

微熱

気になる症状 疑われる病気名
のどの痛み
鼻みず、鼻づまり、くしゃみ
急激なのどの痛み、全身倦怠感、頭痛
嚥下痛、呼吸困難、喘鳴
痰、寝汗などが長期に続く、血痰、息切れ
頑固な咳が続く
腹痛
側腹部痛
血尿、側腹部腫瘤、体重減少、貧血
下腹部痛
粘血便、体重減少、痔瘻、肛門周囲膿瘍
膿性のおりもの、不正性器出血
関節痛
手指などの朝のこわばり
顔面紅斑などの発疹、疲れやすい、血尿、むくみ
筋力低下、筋肉の痛み、眼瞼部のはれた紫赤色の皮疹