動悸について

動悸とは、普段は意識しない心臓の拍動を不快なものとして感じる症状です。怖い映画を見たり、憧れの人に出会ったり、運動したりなどしてドキドキ……などは日常茶飯のことですから経験上危険のないことはわかっていますが、時に重大な病気による動悸のこともあります。動悸が起こったら、脈拍に異常はないか、随伴する症状はないかなどに気をつけて、たとえ激しい動悸ではなくても一度、診察を受けましょう。

動悸から考えられる主な病気

心臓が原因

気になる症状 疑われる病気名
呼吸困難(半坐位で楽になり、あおむけで悪化)、咳、泡のような痰
発熱などかぜ様症状、下痢など消化器症状のあと、動悸、胸痛
運動した時などに動悸・息切れ
胸痛、失神発作
夜間発作性呼吸困難症、むくみ
不整脈
脈が速くなったのち遅くなる、動悸ののちめまい
脈が遅くなる、息切れ、むくみ
脈が抜けたりスキップする、胸のもやもや感
急に脈が速くなって動悸が起こり、急に治まる
脈のリズムが不整、胸が踊る感じ・痛み

心臓以外

気になる症状 疑われる病気名
息切れ、疲れやすい、全身倦怠感、頭重感、顔面蒼白
右記の貧血症状、皮下出血など出血傾向、発熱
発汗過多
空腹感、ふるえ、集中力散漫
体重減少、 眼球突出
意識の混乱、発語困難
高血圧、頭痛、体重減少、便秘、胸痛、視力障害
呼吸困難
咳、痰
不安感
頻脈、めまい、ふるえ、冷や汗、吐き気
しびれ感、興奮、意識混濁
胸痛、めまい
その他