息切れ、息苦しいについて

空気中からとり入れられた酸素は肺で血液のなかに入り、心臓から全身へ送られています。この血液中の酸素が不足すると息切れが起こってきます。激しい運動をしたりするとしばしば息切れを感じますが、病気としての息切れは呼吸器や循環器の異常、あるいは血液のなかにあって酸素を運んでいる赤血球の不足(貧血)などによって起こります。なお、息切れ、息苦しい、呼吸困難などいろいろな表現がありますが、医学的にはすべて同義語として扱われています。

息切れから考えられる主な病気

緊急を要する息切れ

気になる症状 疑われる病気名
胸痛
胸痛は深呼吸や咳で増悪、発熱
頻呼吸、血痰、発熱、発汗
意識障害、冷や汗、吐き気
泡状の痰(時にピンク色)、咳、唇が紫色、手足が冷たくなる
咳、喘鳴

早めに受診

気になる症状 疑われる病気名
胸痛
左胸のごく狭い範囲の胸痛、動悸、めまい
あお向けで寝た時に強まる呼吸・咳、発熱
就寝後しばらくしての息苦しさ(夜間発作性呼吸困難)
労作時の息切れ
ビヤ樽状の胸郭
黄~緑色の痰の増加
体重減少
発熱
発熱、胸痛
体重減少、胸痛、血痰
嚥下障害、神経痛、かすれ声、血痰、縮瞳
喘鳴
動悸、疲れやすい、倦怠感
スプーン状の爪、口角炎、舌炎
出血傾向
食欲増進、体重減少、頻脈、発汗、手のふるえ、動悸
声がれ、嚥下困難、喘鳴
四肢の筋力低下、複視、しゃべりにくい、嚥下障害、頻脈
筋肉の硬直、指先や口周囲のしびれ感、不穏興奮状態、意識混濁
慢性的な不安、いらいら、肩こり、頭痛、動悸、めまい
その他