麻痺について

麻痺は、脳・脊髄(せきずい)から末梢神経に至る運動神経や筋肉の障害による筋力低下です。麻痺が起こると、手足や全身の筋肉に思うように力が入らず円滑に運動できなくなってしまいます。麻痺を起こす病気は数多くありますが、そのほとんどは左図に示したタイプのいずれかにあてはまります(重複する場合もあります)。麻痺の部位と、加えて急に起こったのか、徐々に起こったのかなどを注意深く観察してください。

麻痺から考えられる主な病気

片麻痺

気になる症状 疑われる病気名
急に起こる
意識障害、感覚障害、言語障害
突然の頭痛、嘔吐、意識消失
24時間以内、多くは数分で治まる麻痺
6歳前の小児、発熱、主に半身のけいれん
発熱、意識障害、頭痛
急~やや急
視力低下、しびれ感、歩行障害
やや急~徐々
頭痛、不眠、神経質、無力感
徐々に起こる
頭痛、嘔吐、てんかん発作、言語障害
頭部外傷後、頭痛、痴呆症状
全身の筋肉がやせて力がなくなる
手や腕の麻痺、温痛覚がなくなる

対麻痺

気になる症状 疑われる病気名
急に起こる
感覚障害、排尿・排便障害
温痛覚がなくなる、背部痛
かぜ症状や下痢のあと
徐々に起こる
背中・手足の痛み、運動障害、便秘
その他

四肢麻痺

気になる症状 疑われる病気名
急に起こる
年1回~週数回起こる手足の脱力
徐々に起こる
遺伝性・進行性の筋力低下
疲れやすい、複視、上まぶたが垂れる
発熱、関節炎、筋肉痛、まぶたの皮疹
その他

単麻痺

気になる症状 疑われる病気名
手指
手指・手首が伸ばしにくい→垂れ手
手の内転・屈曲ができない→猿手
薬指と小指が伸びにくくなる→鉤爪(鷲手)
足首や足指を上げられない→垂れ足
その他