吐血について

吐血(とけつ)、喀血(かっけつ)は、どちらも血を吐いた状態を指す言葉です。吐血は、食道や胃、十二指腸などの消化器系の病気による出血です。一方、喀血は、肺や気道の病気による出血の場合を指し、両者は区別されています。大量の吐血、喀血が起こったら、すぐに救急車を呼び、そしてあわてずすみやかに救命手当を行わなければなりません。

吐血、喀血から考えられる主な病気

吐血

気になる症状 疑われる病気名
大量の吐血、下血、タール便
物がのみ込めない、嘔吐、胸痛
上腹部痛
繰り返す嘔吐後の吐血、下血
突然の上腹部痛・吐血・下血
コーヒーの残りかす様の吐物、タール便
腹部不快感、下血

喀血

気になる症状 疑われる病気名
咳、痰・血痰
呼吸困難
胸痛
疲れやすい、寝汗
胸痛、発熱、発汗
動作時の息切れ、夜間発作性呼吸困難、喘鳴