下痢について

正常な便は、黄色から褐色がかった色調で、粘液や血液などが付着していない半ねり状の塊です。心身の何らかの異常により腸に障害が起こると便は様相を変え、泥のような・水のような下痢便になったり、硬くて十分に量が出ない便秘になったりします。色や形なども異常を知らせるサインです。赤、黒、白などの色の便が出ているなら要注意。一度、きちんと調べてもらってください。

下痢から考えられる主な病気

急性

気になる症状 疑われる病気名
腹痛あり
とくに左下腹部痛、新鮮血の下血
ペニシリン系抗生物質服用後、トマトジュースのような下痢(血性下痢)
発熱、全身倦怠感、食欲不振、黄疸、茶褐色の尿、白っぽい便
吐き気、嘔吐
脂肪便、胆嚢炎様の症状
腹痛なし
米のとぎ汁様の便、嘔吐
嘔吐、発熱、呼吸器症状

慢性

気になる症状 疑われる病気名
腹痛あり
血便・粘血便
痔瘻、肛門周囲膿瘍
体表部の骨腫・軟部腫瘍
  • 家族性大腸腺腫症
便が細くなる、残便感、便秘、貧血
便秘
ウサギの糞のような便
腹部膨満感、時に発熱、血便
脂肪便
顔面・下肢などのむくみ
体重減少、むくみ、全身倦怠感、貧血、けいれん
黄疸、右上腹部痛、肝臓の圧痛、食欲不振、嘔吐
腹痛なし
顔面・手足など日光にあたる部分の皮膚炎、痴呆、不安
色黒、全身倦怠感、脱力感、体重減少、下痢、低血圧、不安感
レイノー現象、皮膚が硬くなる、嚥下障害、咳、息切れ、関節痛
倦怠感、めまい、動悸、頭痛、息切れ、肩こり、下痢
慢性的な不安・緊張・イライラ、頭痛、肩こり、動悸、不眠