便の異常について

正常な便は、黄色から褐色がかった色調で、粘液や血液などが付着していない半ねり状の塊です。心身の何らかの異常により腸に障害が起こると便は様相を変え、泥のような・水のような下痢便になったり、硬くて十分に量が出ない便秘になったりします。色や形なども異常を知らせるサインです。赤、黒、白などの色の便が出ているなら要注意。一度、きちんと調べてもらってください。

便の色・形などから考えられる主な病気

その他

気になる症状 疑われる病気名
便の形が細い
便がウサギの糞状でコロコロしている
便が灰白色で米のとぎ汁のよう
便に脂肪が混じり、便が水に浮く