肥満について

肥満とは、体内の脂肪組織が異常に増加した状態を指します。やせは体重が異常に減少した状態です。正確には体脂肪量を測定して判定しますが、日常では普通、BMI(ボディマス指数)で判断します。BMIは、体重(㎏)を身長(m)の2乗で割った数値で、25以上を肥満、18・5未満をやせ(低体重)と判定します。身長(m)の2乗に22をかけた数値が標準体重です。

肥満のいちばんの問題点は、肥満によって糖尿病などの重大な病気を合併しやすくなること。一方、やせの場合は、その背景に何らかの病気の存在が疑われることです。急速な体重の増減はもちろん、徐々にでも変化があるようなら一度検査を受けてください。

肥満から考えられる主な病気

肥満を起こす主な病気

気になる症状 疑われる病気名
顔がむくんで赤ら顔、手足が細くなる、おなかは太る、にきび、月経異常
汗をかかない、寒がり、顔や手足のむくみ、皮膚乾燥、脱毛、声がれ
動悸、頻脈、発汗、見当識障害、性格変化、過食
多尿、多飲、多食、疲れやすい
無月経、不妊、多毛・にきび・低声音などの男性化
  • 多嚢胞性卵巣症候群
その他
  • ステロイド薬・抗うつ薬などによる薬剤性肥満、遺伝性肥満