やせについて

肥満とは、体内の脂肪組織が異常に増加した状態を指します。やせは体重が異常に減少した状態です。正確には体脂肪量を測定して判定しますが、日常では普通、BMI(ボディマス指数)で判断します。BMIは、体重(㎏)を身長(m)の2乗で割った数値で、25以上を肥満、18・5未満をやせ(低体重)と判定します。身長(m)の2乗に22をかけた数値が標準体重です。

肥満のいちばんの問題点は、肥満によって糖尿病などの重大な病気を合併しやすくなること。一方、やせの場合は、その背景に何らかの病気の存在が疑われることです。急速な体重の増減はもちろん、徐々にでも変化があるようなら一度検査を受けてください。

体重減少から考えられる主な病気

食欲低下による食事摂取量の減少

気になる症状 疑われる病気名
食欲低下による食事摂取量の減少
精神的要因

食物の消化吸収障害によるもの

気になる症状 疑われる病気名
食物の消化吸収障害によるもの

代謝亢進によるエネルギーの消費増大によるもの

気になる症状 疑われる病気名
代謝亢進によるエネルギーの消費増大によるもの

栄養素の利用障害によるもの

気になる症状 疑われる病気名
栄養素の利用障害によるもの

その他

気になる症状 疑われる病気名
その他