かゆみについて

かゆみとは、かかずにはいられなくなる皮膚の不快感を指します。痛覚の一種で、痛みのごく弱いものと考えられています。皮膚に起こる炎症などによってかゆくなりますが、精神的な影響も大きく、気になり出したり緊張したりするとかゆみが増し、ひっかけばさらにかゆみが増してきます。かゆみの起こる病気はたくさんあります。かけばかくほど悪化するため、できるだけかかずに、早めに受診して対策を立てることが大切です。

かゆみから考えられる主な病気

発疹がある

気になる症状 疑われる病気名
全身性
突然現れる赤い盛り上がり、半日以内に治る
腋の下・腹部・陰部などにできる丘疹、夜にかゆみが増強
環状の大きな紅斑、辺縁に小水疱や丘疹
鳥肌のような硬い丘疹、ザラザラした皮膚
かぶれて起こる、痛みを伴う発赤・丘疹・小水疱
とくにすねに円形の湿疹が現れ、次第に腕、体幹に
乾燥した下肢・体幹・上肢に丘疹、かゆみは夕方~夜に強い
紅斑のなかにかなり大きめの水疱
手背・四肢関節・陰部などに扁平で紫紅色の隆起性の発疹
薬の服用後、多くは1~4週間以内に発熱、黄疸、発疹
局所性
手のひらや指が赤くなり、悪化するとひびわれ
足の裏や側縁などに小水疱、膿疱を伴う紅斑
手足
手のひらや足の土踏まずに周囲に赤みをもつ膿疱
陰部
亀頭・外陰部・肛門などに先の尖った小さないぼ

発疹はない

気になる症状 疑われる病気名
全身性
皮膚表面に異常はないがかゆくなる
黄疸、皮膚の黄色腫、肝腫大
多飲、多食、多尿、体重減少、だるい
皮膚の乾燥、吐き気、嘔吐、集中力低下、けいれん
局所性
充血、目やに
くしゃみ、鼻水
まぶたが開きにくい、眼痛、流涙、まぶしい
痛み、耳だれ、灼熱感、耳閉感
鼻づまり、くしゃみ、鼻みず
外陰
チーズ状・酒粕状のおりもの、外陰部の発赤・はれ
黄色・褐色・出血性のおりもの、性交痛
悪臭の強い泡沫状のおりもの
肛門

その他

疑われる病気名