子供の症状について

子どもの体は、大人の体をただ小さくしたものではありません。同じ病気にかかっても、大人の場合がそのまま子どもにあてはまるわけではありません。病気から体を守る免疫力も大人のように十分に備わっていませんし、病気のはじまりも急で、経過も早いことが多いのです。加えて、子どもの月齢や年齢によって特有のいろいろな病気のあることも、十分に知っておく必要があります。ここでは、子どもによく起こる主な症状と病気についてみていきましょう。

子供の嘔吐から考えられる主な病気

吐いた

気になる症状 疑われる病気名
新生児、腹部膨満
泡沫状唾液の嘔吐、唾液の誤嚥、チアノーゼ
黄疸
生後2~3週してから哺乳後に嘔吐を繰り返す、脱水、体重増加不良
繰り返す嘔吐、全身倦怠感、顔面蒼白、腹痛、食欲不振、発熱、下痢、頭痛、めまい
食後すぐに口唇のはれ・吐き気・嘔吐、その後に腹痛、下痢
頭痛、片麻痺、視力障害、失語、意識障害、けいれん、性格変化
胸やけ、貧血、栄養障害、発育障害
元気がない、頭痛、意識障害
その他