子どもの病気の現況

心の健康と生活習慣

 文部科学省「児童生徒の心の健康と生活習慣に関する調査(2003年)」によると、心の健康度が低い中学・高校生は生活習慣が悪く、逆に心の健康度が高い中学・高校生は生活習慣がよいという結果が出ています。たとえば、心の健康度が低いほど、「朝食を食べなかった」、「家族との会話がなかった」、「寝る時間が決まっていない」という回答の割合が高く、逆に心の健康度が高いほど、「家族に相談する」、「よく体を動かす」、「すぐ眠りにつき、今朝すっきり目が覚めた」という回答の割合が高かったようです。したがって、生活習慣の改善が心の健康問題の予防や解決につながる可能性があるといえます。

 なお、小学生は心の健康度と生活習慣の関連がはっきりせず、おそらく親との関係がより密着しており、生活が中学・高校生ほど多様化していないためではないかと考えられます。ですから、小学生の時期に心の健康とよい生活習慣を育むことがとても大切です。日本小児科学会の調査でも、テレビを見る時間やコンピュータゲームで遊ぶ時間が長いほど、心の問題が起こりやすいことが指摘されています。

感染症と予防接種

 麻疹(はしか)は、医学の進んだ今の時代でも死に至ることのある怖い感染症です。予防接種による免疫は一生続くと考えられていましたが、小学校高学年ころから抗体価が急激に減り、感染することがわかってきました。このため、2006年4月1日から麻疹風疹混合生ワクチン(MRワクチン)の2回接種法(1歳と小学校入学前それぞれ1年間)が始まりました。さらに、2008年から5年間、中学1年と高校3年生を対象に、追加接種が行われています。

 風疹は麻疹より接種率が低いうえ、ワクチンによる免疫はやはり年齢とともに減るため、風疹にかかりやすい人は麻疹の2〜数倍いると推計されています。妊娠初期に風疹にかかると、さまざまな奇形が起こる先天風疹が問題になります。

 インフルエンザ菌b型(Hib)感染症は5歳未満に多くみられ、重症化しやすい特徴があります。なかでもHib髄膜炎は、年間で5歳未満人口10万人あたり8・6〜8・8人に発症し、極めて重い経過をとります。予防には、小児用ワクチン接種が有効です。欧米では20数年前から接種が行われていますが、日本では2008年から始まりました。不活化ワクチンで、三種混合ワクチンと一緒に4回の接種が推奨されています。任意接種のため、費用がかかるのが難点です。

インフルエンザとタミフル

 抗インフルエンザ薬のタミフルは、日本では2001年から販売されています。10歳以上の未成年者で、本剤服用後に異常行動が報告されたことから、厚生労働省は2007年、この年代には原則として使用を差しひかえるよう勧告しました。しかし、インフルエンザにかかった時の異常行動は以前から経験されており、日本小児科学会は、本剤服用の有無にかかわらず保護者に「言動や行動に注意し、よく経過をみるように」すすめています。

小児気管支喘息(治療・管理ガイドライン)

 日本小児アレルギー学会は、3年ぶりに改訂した「小児気管支喘息・管理ガイドライン2008」を発表しました。長期管理の薬物療法プランでは、新たに生後6カ月から使用可能な吸入ステロイド薬が加わったほか、新しい吸入薬(長時間作用型β刺激薬キシナホ酸サルメテロール・吸入ステロイド薬プロピオン酸フルカチゾン複合剤)も加わりました。最近の治療法の進歩により、小児気管支喘息の重症例はかなり少なくなりました。

食物アレルギー診療の手引き

 食物アレルギーが世界的に増加しており、厚生労働科学研究班による「食物アレルギーの診療の手引き2008」が公開されています。食物アレルギーは乳児のアトピー性皮膚炎発症に関わることが多く、鶏卵(6割強)、牛乳(約2割)、小麦(1割未満)が主な原因になります。日本では2002年から、「アレルギー物質を含む食品表示」が義務づけられています。また、診断のため入院させ、原因と考えられる食物を少しずつ摂取させる食物負荷試験が2006年に保険適用になりました。しかし、極端な食物制限や、医師や栄養士の指導を受けず家族の判断だけで行った食物除去の結果、身長が伸びなくなったり、くる病になったりする乳幼児例がしばしば報告されています。乳幼児期は、とくに栄養バランスが大切であり、正しい診断に基づく食物除去の指導が求められます。

今、気をつけるべき病気

麻疹(はしか)

 全国的に麻疹の流行が問題になっています。麻疹にはこれといった治療法がなく、しかも感染から回復期までの約1カ月間、免疫不全状態に陥るため、二次感染などの合併症で命の危険にさらされてしまいます。日本では年間10〜20万人が麻疹にかかり、20人前後が亡くなっています。現在、日本における麻疹ワクチンの接種率は80%前後と低率になっていますが、麻疹の流行や合併症を防ぐために、生後12カ月になったらできるだけ早く予防接種を受けることが大切です。

小児生活習慣病

 心筋梗塞や脳卒中は日本人成人の死因の第2位、3位を占めていますが、主な原因は動脈硬化です。動脈硬化を進める危険因子として、肥満、高脂血症、高血圧、糖尿病などが知られており、これらが小児でみられる場合に小児生活習慣病と呼びます。動脈硬化は子どもの時から始まるので、早くから小児生活習慣病に対する対策を立てる必要があります。

 なかでも、肥満は高脂血症、高血圧、糖尿病などを合併しやすく、肥満そのものが動脈硬化危険因子であることに加え、二重に危険因子を背負い込むことになります。しかも肥満の子どもは年々増えており、この30年間で約3倍に増えました。現在、小学校高学年〜中学生の10人に1人が肥満という状態です。肥満小児を40〜50年以上の間追跡調査したいくつかの報告でも、将来、脳卒中や心筋梗塞などによる死亡が多いという結果が出ています。また、小児期の肥満は高率に成人肥満に移行しやすいことも明らかにされています。

 とくに、幼児期の肥満が要注意で、肥満成人の約半数は幼児期に肥満が始まっています。したがって、一生にわたって健康な生活を維持するためには、小児期から積極的に肥満対策を行う必要があります。

川崎病

 川崎病は4歳以下の乳幼児に好発する原因不明の急性熱性疾患で、毎年6000人程度が発症します。39℃以上の発熱が5日以上続くほか、特徴的な症状として、両眼の充血、赤い唇、イチゴ舌、発疹、手足の変化(急性期は赤くむくみ、回復期に先端の皮がむける)、頸部リンパ節の非化膿性のはれなどがみられます。川崎病で最も問題になるのは、急性期に心筋炎、冠動脈障害、心膜炎などの心血管障害を合併することです。10〜20%に、心臓に栄養を送る血管である冠動脈にこぶや拡大を認め、全体の約5%が冠動脈狭窄や閉塞に進みます。死亡率はかつては2%と高かったのですが、γ‐グロブリン治療が行われるようになってから低下し、最近は0・1%以下です。

本編の分類・構成について

 出産直後の新生児から青年期に至るまで、あらゆる子どもの病気を取り上げました。小児科領域における各分野のエキスパートに加え、外科、整形外科、皮膚科、精神科など多くの診療科の先生方に専門分野の執筆をいただきました。

 お子さまの健康について心配するご家族のために、できるだけやさしい言葉づかいを心がけて書かれていますが、内容は極めて最新です。大いに活用され、お子さまが心身ともに健やかに育たれますことを心から願っています。

(執筆者:内山 聖