「見えにくい」を分析してみよう

「見えにくい」という自覚症状が、「いつから」「どんなふうに」(急にか徐々にか、持続的にか一過性にか、どんどん強くなるのか同程度で止まっているのか、どちらか一方の眼なのか両眼なのか)と分析的に考えてみることが大切です。

 次は、見えにくいのが、視力の低下なのか、視野異常なのか(周囲が見えないとか視野のなかに暗点や歪み感があるなど)というふうに分析します。見え方は、視力と視野の両方がよくないと完全ではありません。

 次に、見えにくさが眼鏡で矯正できているのかどうかです。まず、遠くが見えにくい場合ですが、近視、乱視はほぼ眼鏡やコンタクトレンズで矯正できます。遠視は眼鏡で矯正できないこともあります。これらを「屈折異常」と総括し、対策が講じられます。近くが見えにくい場合、近視の人は物をうんと近づければかなり見えるはずです。正視の人が年をとると、凸レンズの老眼鏡がないと近くが見えにくくなります。これは誰にでも起こる老化現象のひとつです。

「物が二重に見える」

 人の眼は2つあり、これが脳の眼球運動に関する中枢のコントロールの下に、いつも同じところに向くようにできています。このシステムが作動しなくなると、物が二重に見えるようになります。この場合も、いつから、どんな時に(夕方、起床時、いつでも)、どちらを向いた時に症状が強くなるかなど、自問すると診断の手助けになります。

 二重に見える原因が、眼を動かす筋肉やその支配神経にある場合と、脳・中枢障害にある場合を区別する必要があります。物が揺れて見えないか、めまいを伴うか、眼を閉じるとめまいが消えるかどうかも大切な情報です。人によっては「ボンヤリと見える」ことを「二重、三重に見える」と形容することがありますが、これは本当の二重視ではありません。本当の二重視は両眼で見た時にのみ起こります。

 このように「眼は動く感覚器である」ことを知っておくことは、眼の障害を診断する時にとても大切です。眼の瞳孔も動く眼内装置です。強い光が来た時や近くの物を見る時に瞳は自動的に小さくなります。左右の瞳は連動しているので、同じ大きさ、同じ色をしているのが正常です。緑内障の発作や動眼神経麻痺などで、瞳孔のサイズや運動に異常がみられるようになります。ある種の点眼薬によっても瞳孔運動が影響されますが、それを承知のうえで原因疾患、たとえば緑内障を治療することがあります。

眼病は全身病発見のきっかけ

 糖尿病、高血圧症、動脈硬化など、眼疾患を伴う全身病が多々あります。しばしば眼科受診がそれらの全身病発見のきっかけになります。糖尿病では眼底出血を繰り返し、失明に至ることがあります。さらに病期が進むと難治な緑内障をも誘発するので、糖尿病に伴う網膜症は早期発見、早期治療がとくに重要です。

 動脈硬化が中枢の血管に起こると、眼底に種々の病変を示すようになります。これらは、光学的に、(外科的操作を加えることなく)瞳孔をとおして観察されるので、早期の眼底検査の重要性が指摘される理由です。これらの病変は、網膜の中心に及ぶまで視力障害として自覚されないことが多く、全身病の早期発見、経過観察に定期的眼科検診の重要性が強調されるゆえんです。

 また、視力、視野障害に始まる全身病に脳腫瘍があります。脳下垂体の腫瘍、脳の後方の血管梗塞でしばしばみられます。脳動脈瘤からくる動眼神経麻痺による複視、頸動脈の一過性血流障害による目前暗黒感、バセドウ病による複視もよくみられる全身病から来る視覚異常の特徴ある症状です。

「赤い眼」と「白い眼」の病気

 眼の病気というと、昔はトラコーマなどの感染性のものが多数を占め、「赤い眼」をしているのが特色でした。今でも、角膜、結膜のヘルペス感染症などの眼が赤くなる病気はありますが、重大な眼病の主流は、眼の赤くならない、外から見ていると一見、普通の眼のように「白い眼」をしているのに見えにくい、というものに移ってきました。

 たとえば、白内障、緑内障で開放隅角型といわれるもの、網膜変性症、網膜剥離、糖尿病網膜症などの重要な病変は皆「白い眼」をしています。それは、ひとつに、生活・住環境が昔よりよくなり、感染病のリスクが下がったこと、国民が高齢化し、白内障を典型とする老化による病気の割合が増えたことによります。

 生活の質(QOL)の向上により、たとえば白内障に例をとると、手術の適応基準が変わり、昔から考えれば極めて早期に診断され、手術が行われるようになりました。眼科ではこの30年、手術に顕微鏡が導入されて手術の確実性が高まり、治療成果が安定化したことが根底にあります。白内障における小切開手術と眼内レンズ移植の普及がその最適の実例です。

 一方、硝子体外科など、今まで不可能と考えられていた領域にメスが入れられるようになったのも、治療の対象となる眼疾患の内容が変わった大きな要因です。超音波を用いた検査技術の進歩などから、手術前の詳しい診断ができるようになったことが、治療対象疾患の変化に反映されています。

 加齢黄斑変性は、この十数年、明らかに増えた高齢者の重大な眼底疾患です。これには社会構成人口の高齢化と生活環境の欧米化が関係していると推察されます。

 結論として、「白い眼」に重大な眼疾患が内在しているという現実を認識しておくことが大切です。決して、「眼が赤い」ことのみが眼病の症状ではありません。

(執筆者:本田孔士