歯の構造

 歯は歯冠(口のなかで見える部分)と歯根(歯肉におおわれて見えない部分)とに分けられます。歯冠は、表面が無色半透明で非常に硬いエナメル質でおおわれ、その内側にはやや黄色みをおびた象牙質があります。その内側は歯髄と呼ばれ、血管や神経線維が走っています。歯根は表面がセメント質でおおわれ、その内側には歯冠と同じように象牙質と歯髄があります。歯をしっかりと支えているのは、歯肉、歯根膜、歯槽骨といった歯周組織です(図1)。

 乳歯の前歯には乳中切歯、乳側切歯、乳犬歯があり、奥歯には第一乳臼歯、第二乳臼歯があります(図2)。生後8カ月ころになると、下顎の乳中切歯が生え始め、2〜3歳までに20本の乳歯が生えそろいます。永久歯の前歯には中切歯、側切歯、犬歯があり、奥歯には第一小臼歯、第二小臼歯、第一大臼歯、第二大臼歯、第三大臼歯(親知らず)があります(図3)。6歳ころになると、第二乳臼歯の奥にまず第一大臼歯が生え、第三大臼歯を除く28本の永久歯が13歳ころまでにすべて生えそろいます。

 乳歯から永久歯への生え代わりは、永久歯が下から生え出てくるにつれて乳歯の歯根が少しずつ吸収されて自然に行われます。なお、乳歯でも永久歯でも歯の生えてくる時期や順序には個人差が大きいので、前述したものと多少異なっていても、心配する必要はありません。

歯の機能

 歯の主な機能は、咀嚼と発音です。咀嚼とは食べ物を噛み砕いて唾液と混ぜ合わせ、飲み込み(嚥下)やすい状態にすることをいいます。もちろん、消化されやすい状態にもなります。また咀嚼の効用として、満腹中枢が刺激されることによる肥満の防止、唾液の分泌促進によるむし歯や歯周疾患(歯周病)の予防、脳の血流量の増加による認知症予防などもあげられています。もちろん、食べ物を噛んだ時の感覚も食事を楽しむうえで大切です。

 発音も重要な機能です。多くの歯が失われたまま放置したり、歯並びがひどく悪かったりすると、サ行、タ行などの発音が不明瞭になり、聞きとりにくくなります。

 また歯や歯並びは、顔の印象や表情に大きな影響を与えます。明眸皓歯という言葉が表すように、白い歯は、昔から美しい容貌の代名詞とされています。むし歯で欠けた歯や、はれた歯肉などをそのままにしておくと、いかにも不潔な印象を与えてしまいます。

 このように歯が失われるにつれて咀嚼能力が低下し、発音も不明瞭になります。また歯がほとんどなくなってしまうと、実際の年齢よりずっと老けて見えてしまいます。そこで義歯(入れ歯)やブリッジで歯のない部分を補うことが大切です。それによって本来の機能が回復するばかりでなく、高齢期ではバランス能力や筋力も向上し、転倒骨折による寝たきりの予防にも効果があるとされています。

歯科疾患の特徴と予防法

 歯科における二大疾患は、むし歯と歯周病です。歯の病気は直接生命に関わることが少ないと思い、自覚症状があっても受診をつい先延ばしにしがちです。ところが、両者とも自然に治ることはありません。そのままにしておくと進行する一方で、やがて歯が抜けてしまうので、おかしいと感じたらすぐに受診することが大切です。もちろん放っておけばおくほど治療に要する期間が長くなり、費用もかかってしまいます。

 歯科疾患の予防法は、健康的な生活習慣を確立することに尽きます。すなわち、規則正しい生活、バランスのよい食事、歯ブラシやデンタルフロス・歯間ブラシなどによるプラークコントロール、フッ化物配合の歯磨き剤の使用、禁煙などです。さらに定期的に歯科健診を受けて、必要な指導や治療を早期に受けることが大切です。

(執筆者:黒崎紀正