消化管の病気の特徴

 食物を食べると、食道に入っていきますが、この時「ごっくん」をすると喉頭に蓋がされ、食物が気管に入らないよう調整されます。食道の最も重要な仕事は、食物を胃にスムーズに移動させることです。食物が胃に入るとペプシンという蛋白分解酵素が分泌され、消化活動が開始されます。

 食物は次いで十二指腸に移動し、ここで膵臓から分泌される蛋白質、炭水化物、脂肪などを分解する酵素が合流し、消化活動がピークに達します。また、膵臓からは重炭酸塩と呼ばれるアルカリ液が分泌され、胃酸が中和されるため、十二指腸の始まりの部分(球部)を除く他の部位では、消化性潰瘍の発生はほとんどありません。十二指腸の長さは25〜30cmしかなく、6mもある小腸のなかではごくごく小さな部分にすぎませんが、日本人では小腸の病気の90%以上が十二指腸の病気で占められています。

 食物は、小腸で十分に消化されたあと、大腸に送られます。大腸では、腸内細菌によって未消化物が分解され、さらに水分が吸収されることによって固形の糞便が形作られていきます。

 このように、食物の消化、吸収活動をする食道、胃、小腸、大腸をまとめて消化管と呼んでいます。

 消化管の病気のうち、日本では胃の病気の発生率が最も高く、次いで大腸の病気、食道の病気と続きます。幸いなことに消化管のなかで最も長く、観察しにくい小腸の病気の発生率が最も低くなっています。しかも、小腸の病気の大半を内視鏡観察が可能な十二指腸の病気が占めているのです。

 消化管は、口から摂取された食物を消化吸収する臓器であり、その粘膜側は常に食物、消化液、細菌などにさらされているため、病気にかかりやすくなっています。したがって、消化管の疾患はほとんどがその内側に位置する粘膜の病気であり、診断のためには、バリウムによる造影や内視鏡による観察が必要になります。また、消化管で生理的な作用を営んでいる消化液も、胃・十二指腸潰瘍における胃酸のように障害物質になることが知られています。

 ここでは、消化管の代表である胃と腸の病気について概略を述べます。

胃の病気

 長い間、胃の病気の原因には確定したものはなく、多くの要因が関与していると推定されていました。しかし、1982年に発見されたヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)が胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がんの病因の大きな部分を占めていると考えられるようになってきました。そのため、胃の病気の概念と治療を根底から見直す作業が世界的に行われています。

 胃の病気の診断には、バリウムによるX線検査や内視鏡検査が自覚症状以上に重要であることをしっかり記憶してください。とくに、内視鏡機器の最近の進歩は著しく、観察盲点がほとんどないくらい精度が上がってきています。さらに超音波内視鏡の発展により、がんを診断することだけではなく、その進行度の診断も可能となってきています。

 胃・十二指腸潰瘍の治療ではHブロッカーに引き続くプロトンポンプ阻害薬(PPI)の開発により、胃酸分泌をほぼ完全に抑制できるようになり、潰瘍を治す治療としては十分満足のいく結果が得られています。再発予防に関しては、ピロリ菌の除菌により維持療法なしに再発をほとんど予防できることが明らかになりました。日本でも2000年11月より、医療保険が適用されています。

 胃がんの治療は外科的に切除する方法が主流を占めていましたが、内視鏡機器や技術の進歩により、内視鏡的粘膜切除術や腹腔鏡を用いた手術など、侵襲の少ない治療が早期胃がんを中心に行われてきています。

腸の病気

 近年日本では、胃がんの発生率が減少し、それに代わって大腸がんの発生率の増加がみられるようになりました。それに対応して、1992年4月に大腸がん集団検診が老人保健法(老健法)に導入され、大腸がんの早期発見を目指し、行政検診としてスタートしました。これは、免疫学的便潜血反応によるスクリーニングによって陽性者を選別し、内視鏡またはバリウム造影による精密検査を行う方法です。

 胃の場合と異なり、全大腸を検索できる内視鏡医の数が足りないという問題点を抱えている(大腸の内視鏡検査は胃の内視鏡検査より技術的にはるかに難しく、専門医を養成するのに膨大な時間がかかる)ことから、日本消化器内視鏡学会では、大腸内視鏡検査に関する教育セミナーを全国規模で毎年開催し、専門医の養成に努めています。検診で発見された早期大腸がんのほとんどは、外科手術によらない内視鏡的粘膜切除術で根治が可能となってきています。

 近年、日本で発生率が急速に増加しているクローン病と潰瘍性大腸炎は、炎症性腸疾患に属し、消化管の病気のなかでも札つきの難病といわれています。クローン病の病変は、口腔内から肛門までの消化管のあらゆる部位に発生します。これに対して潰瘍性大腸炎は、大腸に限局して潰瘍を多数形成します。

 どちらも、病因が明らかでなく、かつ治療に難渋する病気でしたが、近年、炎症に関与するサイトカインを抑制する抗体療法に日本でも医療保険が適用され、大きな成果をあげています。

(執筆者:浅香正博