内分泌系のあらまし

 内分泌の病気とは、ホルモンに関する病気のことです。ホルモンは体内でつくられ、体の調節を正常に保つはたらきをする微量の化学物質です。

 一般的には、ある指令を情報として臓器から臓器へ伝えるために、まずその情報を担ったホルモンが体内の臓器でつくられます。次にその臓器から出されたホルモンは、血液を介して情報を伝えるべき臓器に運ばれます。その臓器の細胞は特別な仕組みでホルモンを受け取ります。

 この場合、この仕組みをもたない細胞には情報は伝わらないことになり、このようにして情報は管理されます。ホルモンを受け取った細胞は、その情報を細胞のなかに伝え、そこで別のホルモンをつくったり、細胞のはたらき具合を調節したりします。

 このように、ホルモンによる体全体のはたらきをコントロールするシステムを、内分泌系といいます。まさに情報ネットワークです。この情報を伝えるホルモンをつくる臓器を内分泌腺といい、ホルモンの情報を受け取って、それを細胞のなかに伝える仕組みを受容体と呼びます。そして、内分泌腺から情報を受け取る受容体をもつ細胞までのどこかに異常を来した病気を、内分泌の病気といいます。

 ホルモンにはたくさんの種類があります。そのなかには必ずしも血液で運ばれるのではなく、隣の細胞に直接はたらいたり、自分の細胞にはたらいたりするものが見つかってきました。一方で脳神経系や免疫系にも作用することがわかってきました。

 このようにホルモンの種類の多さや、その作用の幅が広いことに注目が集まるようになってきました。そのためホルモンは血液によって運ばれるという古い考え方から、新しいホルモン、内分泌の考え方に変わってきています。

 古典的には脳の下にある下垂体、首にある甲状腺と副甲状腺、おなかや下腹部にある膵臓、副腎、性腺などがホルモンをつくる内分泌腺といわれてきました。その後、脳の視床下部というところが内分泌系の中枢であり、そこから体の各内分泌腺にホルモンを介していろいろな指令を出していることがわかりました。

 さらに最近では、心臓、肺、腎臓、血管、腸管、皮膚、脂肪などほとんどの臓器でホルモン様の物質がつくられることがわかってきました。

 このように内分泌系は、体全体をコントロールする大切なシステムです。この章では内分泌の病気のなかでも、代表的なものについて概説します。

ビタミンの特性

 一方、ビタミンもホルモンによく似ています。たとえば、生きていくのに必要な体内の反応に必須で、しかも微量で作用することなどです。この物質は糖、蛋白、脂肪とは異なる栄養素で、不足すると特有な欠乏症状が出ますが、外から与えると回復します。

 基本的には体内ではつくられないため、外から摂取しなくてはなりません。ここがホルモンと決定的に違うところです。

 しかし例外があり、腸内でつくられるもの(ビタミンKやパントテン酸など)や、皮膚でビタミンの一歩手前の状態で存在し、紫外線でビタミンDになるものなどがあります。

 ビタミンには水溶性と脂溶性のものがあります。水溶性ビタミンにはB、B、B、B、ニコチン酸、葉酸、C、パントテン酸、ビオチンなどがあり、脂溶性ビタミンにはA、D、E、Kなどがあります。水溶性ビタミンは尿に排泄されやすいため、体内に過剰に入っても蓄積されることはあまりありません。そのため中毒を起こすことはまれですが、むしろ欠乏しやすく、調理などで失われやすい特徴があります。

 一方、脂溶性ビタミンは腸から吸収されると肝臓に蓄えられます。そのため欠乏症になることは少ないのですが、逆に中毒症になりやすい特徴があります。

 ビタミンの作用としては、体内での酵素のはたらきを刺激し、動脈硬化の予防にはたらいたり、視覚に影響し、神経のはたらきを調節し、骨を丈夫にし、血液を固まりやすくするはたらきなどがあります。

 現在、日本ではビタミンA、B、B、ニコチン酸、C、Dの所要量が決められています。脂溶性ビタミン中毒は、薬として投与されたり、脂溶性ビタミンを多く含む食品を多量に摂取した場合に起こりやすくなります。またビタミン欠乏は、偏った食事、アルコール依存症で食事をあまりしない人、飢餓、胃の手術や膵臓の病気、さらには下痢などによる腸からの吸収障害などで現れやすくなります。

 これらのようなビタミン摂取の異常を防ぐためにも、食習慣の重要性を十分認識してください。

(執筆者:須田俊宏