私たちの体は、食事として糖質・脂肪・蛋白質・ビタミン・ミネラルを摂取し、これらの栄養素で体を構成して、その一部をエネルギーとして利用することで成り立っています。

 この代謝の過程は多くの酵素で仲介され、また多くのホルモンがその調節に関わっています。これら一連の代謝の異常で多くの病気が引き起こされてきます。

 その代表的なものが、肥満や糖尿病、脂質異常です。

代謝異常と生活習慣病

 肥満・糖尿病・脂質異常症・高血圧などの生活習慣病は、遺伝的素因に、過食(エネルギーや脂肪、アルコールの過剰摂取など)や運動不足など現代人のライフスタイルが大きな影響を及ぼします。これらの病気はお互いに合併しやすく、動脈硬化症を促進し、脳血管障害や心疾患のリスクを相乗的に高めることになります。

 悪性新生物(がん)に次いで、日本人の死因の第2位と第3位を占めるこれらの両疾患を減らすことが緊急の課題とされ、「健康日本21」では生活習慣病の治療、さらには予防へ向けた取り組みがなされつつあります。

 これら生活習慣病のなかでも、BMI25を超える肥満者(15歳以上)は、厚生労働省の2004年の国民栄養調査によれば、30〜60代の男性で約30%、40〜60代の女性で20〜30%を占め、おそらく2300万人に達しています。ここ20年間で15〜40歳の男性ではほぼ2倍に達しています。

 糖尿病患者もますます増加しており、2007年の糖尿病実態調査では、糖尿病が強く疑われる人が890万人に達し、糖尿病の可能性を否定できない人が1320万人にのぼり、併せて実に2210万人に達するといわれます。40代以上では、3人に1人以上が糖尿病あるいは予備軍ということになります。

 2006年国民健康・栄養調査によると、高血圧は20歳以上の男性の53・2%、女性の39・6%、約3970万人と推定されます。また、脂質異常症は20歳以上の男性の16・9%、女性の15・0%、約1410万人と推定されます。ただし、この調査ではLDL‐コレステロールを測定していないため、推計値を加えて算出すると、男性の47・7%、女性の38・6%、4220万人が脂質異常症となります。

インスリン抵抗性と生活習慣病

 インスリン抵抗性とはインスリン分泌不全とともに、2型糖尿病の成因のひとつです。インスリン抵抗性は骨格筋や脂肪組織でインスリンの作用が現れにくくなるため、骨格筋では糖の利用が十分に行われなくなります。これに伴い血糖値が上昇し、この耐糖能の異常を正常化するため、生体は膵臓のβ細胞から過剰なインスリンを分泌し、血糖を低下させようとします。

 インスリンは、糖代謝のみならず、脂質代謝にも重要なはたらきをしています(図1)。すなわち、インスリンは脂肪の分解を抑制し、脂肪の蓄積にはたらきます。食事が狩猟に依存していた時代には、インスリンをより多く分泌して、たまに得られた食事を効率よく脂肪として蓄積した人ほど、すなわち肥満になりやすい人ほど、次に食事が得られるまで脂肪を分解してエネルギーとして利用し、また肥満者ほど寒冷にも耐えられ、生き延びるチャンスが多かったといえます。したがって、人類はインスリン抵抗性をもつように進化してきたといえます(倹約遺伝子説とも呼ばれる)。

 ところが、飢餓や寒冷の時代には、生存に有利にはたらいたインスリン抵抗性は、「飽食の時代」「車社会」といわれる現代社会では、過食と運動不足により、糖尿病をはじめとするさまざまな代謝異常を引き起こしているといえます。

 インスリン抵抗性によるインスリンの過剰な分泌は、血圧の上昇や脂質代謝の異常も引き起こします。2型糖尿病・肥満・高血圧・脂質異常症などの代表的な生活習慣病は、インスリン抵抗性を基にして相互に密接に関連しています。インスリン抵抗性を来す病因として、肥満、とりわけ内臓脂肪の意義を強調する見方もあり、内臓脂肪症候群とも呼ばれています。

マルチプル・リスク・ファクター症候群とメタボリック症候群

 前記のように、インスリン抵抗性がある人には、糖尿病・脂質異常症・高血圧・肥満などのいわゆる生活習慣病が重なりやすいことになります。すなわち、1人の患者さんが多数の心疾患の危険因子(リスク・ファクター)をもつことから、マルチプル・リスク・ファクター症候群とも呼ばれ、最近ではメタボリックシンドローム(代謝症候群)と呼ばれます(コラム)。

 たとえば、糖尿病の患者さんでは、非糖尿病の患者さんに比べて脳血管障害や心疾患が2〜3倍の高頻度で発症します。糖尿病の患者さんの約50%には高血圧や脂質異常症が合併しますが、血圧や血清脂質濃度が正常の人に比べて、脳血管障害や心疾患の発症率はさらに2〜3倍高率になります。

 このように、ひとつずつのリスクは小さくても、複数のリスクが合併すると、脳血管障害や心疾患の発症率は相乗的に増加することになります。

(執筆者:片山茂裕