家庭でみられる中毒

 私たちの身のまわりには、5万種以上の有害な化学物質があり、中毒の機会をねらっています。日本では毎年数万件に及ぶ中毒が発生し、報告されなかった中毒を含めると年間60万件にのぼり、中毒による死亡者も年間6000人に達しています。これは交通事故による年間死亡者数の約3分の1にあたり、いかに多いかがわかります。

日本の中毒の発生状況

 図1は、2007年の1年間で日本の中毒情報センターに寄せられた一般の人々、医療機関などからの中毒時の相談電話(中毒110番)3万3932件の内訳です。家庭用品が64%を占め、医薬品が25%です。医薬品の大部分が家庭での幼・小児の誤飲によるもので、発生場所では自宅が88%を占め、家庭での中毒がいかに多いかがわかります。

 一方、死亡者では、災害や自殺による一酸化炭素中毒が最も多く、次いで農薬、さらに自殺目的の催眠薬、精神安定薬中毒が上位を占め、家庭用品中毒の死亡者は極めて少数です。家庭での中毒では、それほど重症にはならないことを示しています。死亡者が多いのは、やはり自殺目的での一酸化炭素、農薬、催眠薬中毒です。

中毒の年齢

 中毒110番での中毒の相談での中毒者の年齢別割合は表1のとおりです。1〜5歳の小児が全体の53%と多く、0〜5歳では全体の76%にものぼります。小さな子どもの家庭用品や薬の誤飲が極めて多いことから、家庭でのこれらの品物の管理がいかに重要かわかります。

家庭で起こる中毒の原因と毒性

 家庭での中毒の主な原因物質には表2のものがあります。多いものの順は図1に示してあります。乳児では化粧品や薬、幼児ではたばこ、洗剤の誤飲・誤食が多い傾向にあります。

 家庭用品といってもさまざまなものがあり、通常みられる摂取状況での毒性も、今までの経験から、おおよそわかっています(表3)。大量摂取でなければ表3の1のものは特殊な場合以外様子をみてもよいと思いますが、3、4のものは医師の診察を受けたほうがよいでしょう。

主な家庭用品の中毒

 家庭用品による中毒の状態を表4にまとめました。参考にしてください。

 また、どんな場合で中毒を疑い、どのように対処したらよいかを図2にまとめました。冷静に対処しましょう。

(執筆者:和田 攻

中毒の応急処置

中毒に気づいたらどうする

 家族の人が中毒に対処する基本は図2に示したとおりです。様子を観察しながら十分な対処をします。表3も参照してください。

(1)情報を知りたい時

 かかりつけの医師に電話で相談するか、必要に応じて日本中毒情報センターへ問い合わせます(電話番号は表5)。状況を正しく伝える必要があります。

a.可能性のある毒物(空びんなどで推定)

b.毒物を摂取した時間および推定摂取量とその後の様子

 嘔吐の有無、意識の状態、けいれんの有無、全身の状態、発熱の有無など

c.過去の病気や体質など

 相談の結果、必要に応じて救急車を依頼、または自分の車でかかりつけの医師か救急部のある病院へ搬送します。この時、残っている毒物や吐物を持参します。

(2)医師の診察を受ける時

 少しでも異常がみられたり、毒性の強い毒物を摂取した時(表3)、摂取量が多い時、中毒110番で医師の診察が望ましいといわれた時などでは、あわてず冷静に状況を把握して、救急車または自分で連れてかかりつけ医か救急部のある病院で診察を受けます。

 この時の注意点は(1)と同じです。

救急処置

 表5に家庭でできる応急処置を示します。医師の診察を受けるまでに行えるもので、必要に応じて積極的に行っても心配ありません。とくにすぐに診察が受けられない場合に有効です。医師には必ずその処置の内容を話します。

 参考のため、病院の救急部で行う中毒の救急処置を表6にまとめました。このうち、□で囲んだ上から6つは、緊急の場合に家庭でもできるものです。

(執筆者:和田 攻