・アレルギー疾患
アレルギーの治療法

アレルギーとは

 生体は体に侵入した異物(抗原)に対して抗体や感作リンパ球をつくり、異物が再び侵入した時にそれを処理して、無害化する能力をもっています。これが免疫反応であり、生体の防御機構のなかでも極めて重要なものです。

 しかし、状況によっては免疫反応によって生体に障害を起こすことがあり、この場合をアレルギー反応といいます。また、I型アレルギー反応(後述)の原因になる抗原をアレルゲンと呼んでいます。

アレルギー疾患とは

 アレルゲンと接触すると、I型アレルギー反応によってただちに症状を起こす一群の病気があります。これらがアレルギー疾患と呼ばれるもので、本章で扱う気管支喘息、花粉症・鼻アレルギー、アトピー性皮膚炎、アナフィラキシーショックなどが該当します。

 これらの病気は、あとで述べる免疫グロブリンE(IgE)抗体が発症の引き金となります。IgE抗体をつくりやすい体質をアトピー素因といいます。アレルギー疾患、別名アトピー性疾患には、それゆえに遺伝性があることが知られています。

アレルギー疾患の現況

 アレルギー疾患に悩む人は、近年世界的にも著しく増えています。日本の厚生省(当時)アレルギー総合研究事業の全国調査(1992〜1997年)によれば、何らかのアレルギー疾患をもっている人は乳幼児で28・3%、小・中学生で32・6%、成人で30・6%と、ほぼ3人に1人という高率であることが報告されています。すなわち、日本には3000万〜4000万人の患者さんがいると考えられます。

 しかし、アレルギー疾患が注目されるようになったのは、ここ30年くらいのことです。たとえばスギ花粉症は1960年代半ばに初めて報告されたのですが、今では全成人の25%を超す高い有症率とされています。また患者数の増加は現在でも続いており、近い将来には全国民の50%以上が、アレルギー症状に悩む可能性もあります。

新たなアレルギー疾患

 気管支喘息、スギ花粉症、アトピー性皮膚炎などは古くから知られている病気ですが、それ以外にも新しいアレルギーの病気が注目されています。本章のコラムなどで扱う食物依存性運動誘発性アナフィラキシー、口腔アレルギー症候群、ラテックスアレルギーがその代表的なものです。また今後も新たなアレルギー疾患が現れてくる可能性があります。

アレルギー反応の分類

 アレルギー疾患は、アレルギー反応が引き金となって症状が現れます。アレルギー反応は、原因になる抗体の種類やリンパ球により、次の4つの型に分類されます。

(1)I型アレルギー反応(即時型、アナフィラキシー型)

(2)II型アレルギー反応(細胞傷害型、細胞溶解型)

(3)III型アレルギー反応(免疫複合体型、アルサス型)

(4)IV型アレルギー反応(遅延型、細胞免疫型)

I型アレルギー反応

 先に述べたアレルギー疾患は、この型の反応が主として関係します。IgEという免疫グロブリンに属する抗体が、組織中のマスト(肥満)細胞や血液中の好塩基球の表面に固着し、そこでアレルゲンと結合すると、細胞内のカルシウムが増え、さまざまな化学伝達物質(ヒスタミン、ロイコトリエン、プロスタグランジンなど)を放出します。

 これらの化学伝達物質は、気管支の平滑筋を収縮させて粘膜のむくみ(浮腫)を来して喘息発作を起こし、鼻粘膜に作用して鼻水やくしゃみを生じさせ、皮膚の毛細血管の透過性を増してじんま疹を起こすのです。

 これらの変化は、アレルゲンとの反応直後から起こるために即時型反応と呼ばれますが、そのあとは好酸球が作用して炎症を局所に起こす遅発型反応が生じます。

その他のアレルギー反応

 II型アレルギー反応は、末梢血液成分などの細胞膜に結合した薬剤などが抗原になり、免疫グロブリンG・M(IgG・IgM)抗体が補体の活性化を介して細胞傷害を起こすもので、後天性溶血性貧血が代表的な疾患です。補体とは、血清中にある蛋白質で、免疫や炎症などに関係して生物活性を示し、抗体の作用を補完するものです。

 III型アレルギー反応は血清病が典型で、流血中のIgG抗体と抗原が免疫複合体をつくり、血管内膜などに付着し、補体を活性化して好中球などを集めてきて、局所の炎症を起こします。

 IV型アレルギー反応はツベルクリン反応が典型です。この型の反応には抗体は関係せず、抗原は感作リンパ球からサイトカインを遊離させ、局所にマクロファージなどの炎症細胞を集めてきて遅延型炎症を起こします。

 本章で扱う病気のうち、薬物アレルギーにはI〜IV型が、過敏性肺炎にはIII+IV型が、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症にはI+III型が、アレルギー性接触皮膚炎にはIV型が主として関係しているとされています。

アレルゲンの種類

 代表的なアレルゲンを表1に示します。気管支喘息や鼻アレルギーでは、吸入性アレルゲンが問題であり、ハウスダスト(室内塵)やダニ、ペットの毛やふけ、スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサなどの花粉が重要です。

 食物アレルギーでは、卵・牛乳・大豆・小麦粉・米が5大アレルゲンとされます。そのほか最近では、ピーナッツによるアナフィラキシーショックが注目されています。

アレルギー疾患への対処法

 アレルギー疾患の治療の根本は、原因となるアレルゲンを身辺から除去することです。

 たとえばハムスターが原因であれば、飼育をやめることで症状は軽快します。またソバアレルギーであれば、ソバやソバを含む食品を食べないことです。

 しかし、アレルゲンを完全に除去するのはなかなか難しいことであり、そのために症状のコントロールを目的として、薬物療法や、アレルゲンを注射して抵抗力をつける免疫(減感作)療法が行われます。

 アレルギー症例の大部分は、適切な治療を行うことで支障のない日常生活を送ることができます。その意味で本章を活用していただいて、病気のことをよく理解したうえで、適切な治療を受けていただきたい、と願うものです。

次のページへ

(執筆者:中川武正