意識の有無の観察

倒れている人を見かけたら、まず、耳の近くで「もしもし」とか「大丈夫ですか」などと呼びかけながら、肩や頬を軽くたたいたり、皮膚を軽くつねって、意識の有無を観察します。
 その際、体を強くゆするなど、決して乱暴に行わないようにします。

意識がない時

 反応がない、反応が非常に鈍い時は「意識がない」と判断して、すぐに周囲の人に協力を求め、119番への通報とAEDをもってきてもらうことを依頼します。周囲に協力者がいない場合は、自分で119番通報して、近くにAEDのある場所を知っていたら、大至急取りに行きます。
 ただし、傷病者が乳児(1歳未満)や小児(1歳以上~8歳未満)の場合は、まず胸骨圧迫(後述)を2分間行ってから119番通報・AEDの手配をします(AEDを使用できる年齢は1歳以上)。
 119番通報・AEDの手配をしたら気道の確保を行います。気道の確保はあお向けで行うので、うつ伏せに倒れていたら図1の方法で体位を変換します。

図1 体位の変換のしかた

片手で後頭部とうなじを支え、もう一方の手をわきの下に入れ、体をねじらないようにして、あお向け(仰臥位)にする

意識がある時

呼びかけに答えられる時は、図2の回復体位にして、落ち着いて出血やそのほかの症状・状態に対する手当を行います。

図2 回復体位

下あごを前に出し、両肘を曲げて上側の手をあごの下にあてがい、後ろに倒れないようにする。
口のなかに吐物などが見えたら、反応のある傷病者の場合では吐き出すように指示する。特別な異物の除去は行なわない。
反応がなく、正常な呼吸がなくなれば心肺蘇生法の手順を実施する

参考:症状別応急手当
[ 症状別応急手当 頭がとても痛い 呼吸がとても苦しい 胸がとても痛い  おなかがとても痛い 嘔吐した(吐いた) 血を吐いた けいれんを起こした  ]

気道の確保

 意識がないと筋肉の緊張がなくなり、図3のように舌のつけ根が落ち込んで気道が閉塞され、呼吸できなくなるため気道の確保を行います。いくつかの方法がありますが、一般の人には図4の頭部後屈(こうくつ)あご先挙上法が推奨されています。
 意識がなくても、気道を開放するだけで楽に呼吸できるようになる場合もあります。気道の確保は、心肺蘇生法の最も基本的な手技といえます。

図3 気道の閉塞

舌のつけ根が落ち込んで気道が閉塞(舌根沈下)

図4 気道確保の方法~頭部後屈あご先挙上法

(1)一方の手を前額部から前頭部にあてる(頭部後屈)
(2)もう一方の手の指を、下あご下面の先端(おとがい部)にあて、口が閉じる程度に持ち上げる
(3)呼吸の有無を確認する

  • 胸や腹部の上下の動きがみられるか
  • 息の音が聞こえるか
  • 息の出入りが感じられるか

正常な呼吸の有無を確認

気道を確保したら、10秒以内で正常な呼吸(普段どおりの息)の有無を見て・聞いて・感じて確認します。

 これらがない時や、よくわからない時は、呼吸をしていない(無呼吸)と判断して、ただちに胸部圧迫を始めます。呼吸音が聞こえても、ゴロゴロとかヒューヒューという音の場合は気道の閉塞が疑われるので、さらにしっかりと気道の確保を行います。
 意識はないが普通に呼吸している場合は、図2の回復体位をとらせて救急車の到着を待ちます。