骨折したらしい

疑わしい時は、骨折したものとして対処します。副え木(そえぎ)をあて、骨折部をしっかり固定することが大切です。

骨折の見分け方

  • 患部がはれる
  • 形が変わる
  • 動かしたり触れたりすると、激しい痛みがある
  • 自力では動かせなくなる

副え木の使い方

  • 利用できる物……割りばし、ものさし、鉛筆、板、木の枝、傘、ステッキ、ストック、毛布、シーツ、バスタオル、座ぶとん、新聞紙、雑誌、ダンボール など
  • 副え木は骨折部の両側の関節を超える長さが必要
  • 副え木の上に布をのせたり巻いたりして、骨折部との間にクッションをつける。副え木と体との間に大きな隙間があれば、タオルなどを詰めて、動かないようにする
  • 固定がきつすぎると骨折部から先に血行障害を起こすので、しめ具合に注意する

【1】骨折部、その上下の関節を動かさないように安静にする。
【2】出血していれば、止血する。
【3】骨がとび出していたり、骨折部が変形していても、無理に直さない。
【4】骨折部を中心に前後の関節を副え木で固定し、骨折部に負荷がかからないようにして、できるだけ早く整形外科へ(図16)。

  • 呼吸、意識、出血、顔色、冷や汗など全身状態に気を配り慎重に運ぶ

※大事故などで、複合的なけががあり、どこを骨折したかわからない、または数カ所が複雑に骨折している場合は119番に通報する。

図16 骨折の手当ての仕方

【前腕や手首】
肘から直角に曲げ、添え木として雑誌などを巻いて包帯でしばり、三角巾でつるす。


【足首】
ダンボールやバスタオル、シーツなどで足を直角に固定。

捻挫(ねんざ)した

【1】患部をよく冷やす。

  • 氷嚢、蓄冷剤、ポリ袋に入れた氷などをあてて冷やす。その後も、痛みのある間は冷湿布をする
  • 関節を引っ張るなど、無理に戻そうとしてはいけない

【2】傷めた関節全体を包むように伸縮包帯で固定する。

  • タオル、脱脂綿、布、スポンジなどを厚くあて、押さえるように伸縮包帯を巻いて、関節を固定する
  • くじいた方向とは逆の方向に、関節をやや曲げて固定

【3】患部を心臓より高い位置に上げる。
【4】2~4日は患部を安静に。はれや痛みが強く、長く続く時は整形外科へ。

頭を打った

意識・呼吸の状態、出血などに注意。出血と意識障害の両方がある場合で、血が傷口からピューピューと噴出している場合は止血を優先し、それ以外では以下の方法を優先します。

【1】意識、呼吸、出血の状態を観察。

  • 呼びかけても、軽く肩をたたいたりつねっても、反応が乏しい
  • 頭痛、吐き気・嘔吐、めまい、けいれんが激しい
  • 目や鼻、口から血や水のような液が流れ出てくる
  • 何度も同じことを繰り返し話したり、つじつまの合わないことを話す
  • 頭部が陥没している

など、ひとつでもあれば、すぐに119番に通報する

【2】意識がない、または反応が非常に鈍くなってきたら、心肺蘇生法を救急車が来るまで続ける。
【3】意識が明瞭なら、あわてずに上半身を高くして、様子を観察。

  • 意識があっても、応答に多少なりとも奇妙な印象があれば、軽度の意識障害が疑われるので、脳神経外科をすぐに受診、または救急車を呼ぶ
  • 耳や鼻から血や水のような液体が流れ出ている時は、物を詰めて止めようとせずに、流れている側を下向きにする
  • 出血していれば、止血してすぐに近くの病院へ
  • コブができているなら冷やす
  • 事故当時はとくに症状がなくても、数時間して様子がおかしくなることがある。状態をよく観察し、症状があるようなら、脳神経外科をすぐに受診、または救急車を呼ぶ

※感染予防のため、血液には直接触れないように。できればゴム手袋やビニール手袋を使用する。