眼に異物が入った

絶対に眼をこすらず、無理して取らないようにし、何が入ったかどんな状態かを調べます。とくに、瞳孔(黒眼)の変形があるときは重症です。

  • 金属の破片が入った
  • 眼球に刺さっている
  • 黒眼に細かいゴミが付着している

などの場合は、眼にはできるかぎり触れないようにして、ガーゼでおおってすぐに眼科へ。

薬品や洗剤などの化学製品が入った

【1】薬品を薄めるという気持ちで、すぐに30分間ほど流水で洗い続ける。

  • 水道またはホース、やかんなどで、少しずつ水を流して静かに洗い流す
  • 洗面器で、まばたきをして眼を洗うという方法は行わない
  • 異物の入ったほうの眼を下にし、もう一方に入らないように
  • まぶたをひっくり返して、まぶたの裏側もしっかり洗う

【2】十分に洗い流したあとは、眼に入った 製品の説明書を持ち、ガーゼでおおってすぐに眼科へ。

ゴミや虫が眼に入った

【1】絶対に眼をこすらずに、数回まばたきして涙で異物を流す。流水でもよい。
【2】ある程度試しても取れない時は無理をせず、ガーゼでおおって眼科へ。

鼻血が出た

【1】鼻骨の骨折などがなければ、落ち着かせ、頭をやや前にかがめて座らせる。横になりたいなら、顔を横に向け、頭をできるだけ高くする。

【2】すみやかに止血する(鼻血の90%以上は鼻の前方からの出血)。

  • 小鼻を両側からギュッと押さえ、そのまま10分間我慢する。この方法で、ほとんどの鼻血は止まる(子どもに教えておくとよい)
  • 脱脂綿を詰めるなら、大きく丸めてしっかり詰め、小鼻を押さえる

【3】しばらく様子を観察、止まらなければ耳鼻咽喉科へ。

トゲ、釘、ガラスなどを刺した

【1】何が刺さっているかを調べる。

  • 大きめのガラスや金属片を刺した時は、抜かずにガーゼでおおって病院へ

【2】刺さり方をよく見て、角度を変えずに逆方向に完全に抜き取る

  • 細かいガラスは、ピンセットで取り除く。ただし無理はしない
  • 木、竹、グラスファイバーなど、繊維性の容易に破損しやすい物を抜く時は抜き残しなどに注意

【3】出血が多量なら、ガーゼをあてて圧迫し止血する。
※感染予防のため、血液には直接触れないように。できればゴム手袋やビニール手袋を使用する。
※次の場合は手当のあと、必ず病院へ

  • 古釘、泥だらけのトゲなど……破傷風の危険性あり
  • 出血が多い……血管を傷つけている疑いあり
  • 取れたようでも力が加わると痛い……刺さった物が取り切れてない
  • 取り除いたあとも膿が出る…………異物が残っている