脊髄の構造 - 人体図・図解・体の仕組み

お仕事をさがす

脊髄の構造の図 解説

脊髄の構造の図

脊髄の構造について

脊髄は背骨(脊柱)の中にあり、直径約1㎝の白く細長い円柱状をし、下方は脊髄円錐となって第1~2腰椎の高さで終わっています。上方は脳(延髄)に連なり、頸部(頸髄)、胸部(胸髄)、腰部(腰髄・仙髄・尾髄)に区分されます。

脊髄の前面には縦に走る深い溝(前正中裂)、後面には浅い溝(後正中溝)があり、これらの溝の少し外側にある溝から脊髄神経の前根(ぜんこん)、後根(こうこん)が出入りしています。脊髄の内部にはH型をした灰白質(かいはくしつ)があり、周囲を白質が包んでいます。中央にある細い中心管は脳内の脳室に連なっています。

灰白質は神経細胞が集まっているところで、前柱、後柱、側柱からなります。白質は縦走する神経線維からなっています。

灰白質の前柱は運動性の神経細胞が多数集まり、前根を経て神経線維を骨格筋に送ります。後柱は感覚性の神経細胞が多数集まり、皮膚や筋からの神経線維が後根を経て後柱の細胞に刺激を伝えます。側柱は自律機能に関与する神経細胞が集まっています。

脊髄神経は31対あり、頸神経(8対)、胸神経(12対)、腰神経(5対)、仙骨神経(5対)、尾骨神経(1対)に区分しています。

お仕事をさがす


トピックス
注目 みんなの笑顔を引き出すおもいやりとは?
注目 専門医も探せる!病院検索リニューアル
特集
みんなが笑顔になる美味しいメニューみんなが笑顔になる美味しいメニューテルウェル東日本が運営する社員食堂をご紹介します
二日酔いを和らげる食べ物、食べ方二日酔いを和らげる食べ物、食べ方お酒を飲むとき一緒に食べたいもの、飲む前に食べておくとよいもの
金縛りはどうして起こるの?金縛りはどうして起こるの?寝入りばなに起こりがち…意識はあるのに脳の指令が届かず体が動かない!
たびたび鼻血が出るのはなぜ?たびたび鼻血が出るのはなぜ?鼻血がたびたび出たり、なかなか止まらないときは耳鼻科を受診して
今週のコラム
白菜と鶏肉のグラタン白菜と鶏肉のグラタン
ヘルシーなオリーブ油で簡単ホワイトソース
簡単ツボマッサージ25 胃腸の不調・痛み簡単ツボマッサージ25 胃腸の不調・痛み
年末年始の暴飲暴食による胃の疲れや食欲不振などを改善する
男性同士の性行為で「梅毒」の感染が拡大中男性同士の性行為で「梅毒」の感染が拡大中
性行為で感染する「梅毒」、妊婦の感染は流産の原因にも
お知らせ
からだにいいこと

毎月16日発売

健康ブログ
CheerUp!ダイアリーCheerUp!ダイアリー元NFLチアリーダー齋藤佳子が綴る元気になるブログ

美と健康に悩む人たちと共に歩む美と健康に悩む人たちと共に歩む女性の美と健康の専門クリニックの院長先生が綴る日記
木下代理子の彩色健美木下代理子の彩色健美メンタル&ライフへの色彩処方箋ブログ
Alla Salute di Tutti!Alla Salute di Tutti!塚本悦子のナチュラル・ワイン・ライフ
gooヘルスケアについて
サービス案内