人工呼吸について - 救命・応急手当

人工呼吸について

 従来の心肺蘇生法は、「気道の確保」→「人工呼吸」→「胸骨圧迫」→「AED」という流れで行われていました。しかし、最近の研究で、人工呼吸を行った場合と行わなかった場合を比較すると、どちらでも救命率に差がないことがわかってきました。また、救助者のなかには、口対口の人工呼吸を行うことにためらう人たちも少なくありません。そこで、人工呼吸は一般市民の心肺蘇生法では必須のものではなくなりました。
 すなわち、(1)心肺蘇生法を知らない人は、人工呼吸を省略して胸骨圧迫のみでよい、(2)心肺蘇生法を知っている人は胸骨圧迫のみでも、従来どおりの人工呼吸と胸骨圧迫を組み合わせた方法でもよい、(3)心肺蘇生法の講習を受けたが自信がない場合は胸骨圧迫のみでよい、とされています。
 ただし、心肺停止している小児や、溺水・外傷・窒息・呼吸器疾患・中毒などで無呼吸状態の人に対しては、人工呼吸と胸骨圧迫を組み合わせた方法を行うことがすすめられています。

人工呼吸の方法

 人工呼吸の方法にはいろいろありますが、一般には図9の「口対口(または口鼻)人工呼吸法」が行われています。人工呼吸は、「(3)正常な呼吸の有無を確認」のあと、すなわち気道を確保しても「正常な呼吸(普段どおりの息)をしていない」場合に行います。

 救助者が1人の場合は、人工呼吸を2回行い、続けて胸骨圧迫を1分間に100回の速さで30回(30回は目標、回数の正確さにこだわらなくてよい)と人工呼吸を2回、この「30回+2回」を、傷病者が動き出したり、正常な呼吸が出現するまで、AEDまたは救急車が到着するまで行います。AEDの到着以降は「(5)AED到着」の手順に従ってください。
 救助者が2人以上いる場合は、2分間を目安に交代して絶え間なく続けます。
 なお、口対口人工呼吸による感染がおこる可能性は非常に低いのですが、結核、肝炎などの感染の報告例があります。したがって、実際に行う際にはフェイスシールドなどの感染防護具を使うのが望ましいとされています。

図9 口対口人工呼吸法
(1)気道の確保によって額にあてた手の親指と人差し指で鼻をしっかりつまむ。
(2)息をいっぱい吸い込み、口を大きく開いて傷病者の口を完全におおって空気がもれないようにして、1回に1秒かけて胸が軽くふくらむ程度に息を吹き込む。これを2回行なう。

乳児(1歳未満)の場合は、口と鼻の両方をおおう。
 

トピックス
注目 みんなの笑顔を引き出すおもいやりとは?
注目 専門医も探せる!病院検索リニューアル
特集
みんなが笑顔になる美味しいメニューみんなが笑顔になる美味しいメニューテルウェル東日本が運営する社員食堂をご紹介します
二日酔いを和らげる食べ物、食べ方二日酔いを和らげる食べ物、食べ方お酒を飲むとき一緒に食べたいもの、飲む前に食べておくとよいもの
金縛りはどうして起こるの?金縛りはどうして起こるの?寝入りばなに起こりがち…意識はあるのに脳の指令が届かず体が動かない!
たびたび鼻血が出るのはなぜ?たびたび鼻血が出るのはなぜ?鼻血がたびたび出たり、なかなか止まらないときは耳鼻科を受診して
今週のコラム
発達障害の一つ ADHDって何?発達障害の一つ ADHDって何?
ADHDは「不注意」「多動衝動性」を特徴とする発達障害
ヨーグルトケーキヨーグルトケーキ
ヨーグルトと卵のヘルシーデザート
同じ物ばかりは注意、遅延フードアレルギー同じ物ばかりは注意、遅延フードアレルギー
本人が気付かない“遅延型フードアレルギー”で不調に!?
お知らせ
からだにいいこと

毎月16日発売

健康ブログ
CheerUp!ダイアリーCheerUp!ダイアリー元NFLチアリーダー齋藤佳子が綴る元気になるブログ

美と健康に悩む人たちと共に歩む美と健康に悩む人たちと共に歩む女性の美と健康の専門クリニックの院長先生が綴る日記
木下代理子の彩色健美木下代理子の彩色健美メンタル&ライフへの色彩処方箋ブログ
Alla Salute di Tutti!Alla Salute di Tutti!塚本悦子のナチュラル・ワイン・ライフ
gooヘルスケアについて
サービス案内