疑われる病気

 まず朝・夕の体温を測ります。体温が上昇している時には「急に高熱が出た」「微熱が続く」を参照してください。

 熱がそれほどでもなく汗がひどい時には、本人の具合が悪そうかどうかをみます。息が苦しそうだったり呼びかけても反応が悪い時には、すぐ病院を受診してください。

 糖尿病で内服薬かインスリン注射を使っている人では、まず低血糖を疑います。砂糖かブドウ糖を10g摂取して様子をみてください。よくなるようでしたら早めに食事をします。低血糖を繰り返すようなら、すぐかかりつけ医を受診してください。

 心臓の具合がかなり悪い時にも汗をかきます。この場合は、まず病院への受診が必要です。

 呼びかけて反応が悪い時でも、脳貧血であればそれほど心配はいりません。医師は迷走神経緊張症と呼んでいます。緊張や精神的ストレス、また気温の高いところに長時間立っていると、気が遠くなることがあります。顔が青くなったり呼吸が速くなったりし、これらの前兆のあと気が遠くなりますが、たいていは冷や汗をかきます。

 脳貧血を疑ったら、まず体を横にして、衣類(とくに首まわり)を緩めてください。しばらくすると意識が回復するので、問題がなさそうだったら、そのまま様子をみてください。

家庭での対処のしかた

 熱もなく、具合もそれほど悪くなければ、まず1週間程度様子をみます。

 汗をかかなくなれば、問題はありません。汗が続くようなら、甲状腺機能亢進症などの病気が考えられるので、一度病院を受診して診察を受けてください。

 汗がひどく、息が苦しそうだったり、呼びかけても反応が悪い時には、すぐ病院を受診してください。

(執筆者:服部 明徳