どのような状態か

 「首・肩が痛む」とは、首や肩の関節が痛む場合と、筋が痛む場合の2つがあります。該当する関節には、あごと首の関節があります。筋では、口を閉じたり咀嚼に関わる筋、首から肩にかけて走行する僧帽筋などがあります。

 痛みが起こる原因には、関節リウマチ、顎関節症、外傷などがあります。

必要な検査と疑われる病気

(1)関節リウマチ

 顎関節や頸椎に関節リウマチが発症すると、強い痛みが起きます。そのまわりの筋にも筋痛症(痛み)が起きます。顎関節の病状(破壊)が進めば開口障害、開咬(上下の臼歯(奥歯)のみが接触して、前歯の接触がない)のほか、下あごの後退によって顔貌の変化も起きます。

 関節リウマチの疑いがあれば膠原病科などでの精密検査が必要で、血液検査やX線検査を行います。

 すでに関節リウマチと診断されている場合は、筋痛症、関節痛の部位や程度を明確にするための検査と、骨先端や頸椎の状態を調べるためにX線検査を行います。

 近年、メトトレキサート(リウマトレックス)などによる関節リウマチの治療が進み、本疾患に伴う痛みはコントロールされることが多くなっています。

(2)顎関節症

 変形性関節症、筋性顎関節症、関節円板の異常から起こる顎関節症、慢性微小外傷性、および心身症的疾患としての顎関節症があります。このうち変形性関節症では、下顎骨の先端の平担化、骨辺縁の変形が起き、多くの場合、炎症を伴います。

 症状には、顎関節とその周囲の筋や筋膜に生じる痛み、あごを動かした時のクリック音(関節内の関節円板があごを動かした時に発するパチンという音)などがあります。歯科で噛み合わせの検査、必要に応じてX線やMRI検査を行います。

(3)外傷

 硬いものを強く噛んだ時、噛み合わせの高さが低い、あるいは急に大きく口を開くことにより、痛みを伴う外傷性顎関節炎が起こることがあります。その場合は歯科での検査が必要です。症状が急に現れた時の画像検査では、関節内の浮腫(むくみ)や、出血による関節腔の拡大がみられることがあります。

受診について

 首・肩だけに痛みがあれば整形外科、顎関節に痛みが集中していれば歯科、指のこわばりがあれば内科などを通じて、膠原病科を受診することをすすめます。

(執筆者:山口 雅庸