どのような状態か

 声がれには、ガラガラした声(粗ぞう性)、息もれを伴うかすれ声(気息性)、弱々しい声(無力性)などさまざまな声の異常の訴えがあります。こうした声がれは、嗄声と呼ばれています。

 嗄声は、声の元になる音をつくる声帯の異常によって生じます。声帯は左右一対の帯で、発声する際に互いに近づいて細いすきまをつくり、肺から吐く息によって声帯が振動して声を発生します。このため声帯に病変があったり、声帯の運動に異常があると嗄声が起きます。

必要な検査と疑われる病気

 かぜで咳が続いた時や大きな声を無理して出しすぎたあとなどに、声がかれることがあります。こうした声がれは声帯の炎症のためで、大半は薬の内服や声の安静(声を出さないようにする)でよくなります。

 一方、声がれが続く場合は、声帯を観察する必要があります。声帯は、ただ口をあけただけでは調べることができないため、鏡を使った間接喉頭鏡検査や喉頭内視鏡検査を受ける必要があります。

 声帯ポリープ、声帯結節、ポリープ様声帯は、嗄声の原因としてよく知られています。

 喉頭がんは、持続する嗄声があり、中高年の男性でたばこを吸う人に多くみられます。

 一方、息もれを伴う嗄声では、声帯麻痺や声帯の萎縮などが疑われます。声帯麻痺は、声帯を動かす神経(反回神経)の障害で、神経の走行に沿って、食道や甲状腺などを詳しく検査する必要があります。また、声帯萎縮は、高齢者でみられやすい嗄声の原因のひとつです。

家庭での対処のしかた

 嗄声が続く場合は、必ず耳鼻咽喉科を受診し、原因を調べる必要があります。かぜや声の出しすぎで声がかれた場合は、アルコールの摂取や喫煙をひかえ、しゃべらないことを心がけます。声帯の表面には、常にある程度の湿り気が必要なため、うがいや部屋の加湿にも留意します。

 また、声をよく使う人は、腹式呼吸で力まずにリラックスして声を出す発声法を習得することも、声がれ防止のよい方法になります。

(執筆者:大前 由紀雄