どのような状態か

 尿が出る時に、膀胱部から尿道にかけての痛みを伴う状態です。以下のような何らかの病気が原因になっています。

疑われる病気

 一般的に、膀胱、前立腺、尿道に炎症(細菌が繁殖して、粘膜を傷つける)がある時、つまり膀胱炎、前立腺炎、尿道炎がある時に排尿時痛が起きます。

 女性の膀胱炎は高齢者でもよく起こります。とくに、神経因性膀胱などで残尿がある場合は、外陰部より進入した細菌で簡単に発症します。単に抗生剤で一時的に治療するだけでなく、残尿の原因を追究して治療をする必要があります。

 高齢男性の場合の膀胱炎、前立腺炎、尿道炎は、前立腺肥大症による残尿が原因になっていることが多いので、この場合も原因を取り除くことが重要です。また、膀胱結石、尿道狭窄がみられることがあるので、それらについての検討も必要です。

 高齢者の場合、男女を問わず、時に膀胱がん、膀胱結核のこともあります。抗生剤で治療しても効果がないような場合では、これらの病気も考慮すべきでしょう。

 なお、高齢者でも性的に活動的な人では、性感染症も考えられます。

(執筆者:阿曽 佳郎