どのような状態か

 陰部に限局してかゆみがある状態です。陰部とは、狭義には外性器(男性の陰茎と陰嚢、女性の陰唇、腟口など)の皮膚と粘膜を意味しますが、実際の臨床では、これに肛門周囲、鼠径部、恥骨部を加えた範囲に生じたかゆみを、陰部のかゆみとして取り扱います。

 陰部のかゆみも基本的には、発疹がないかゆみと発疹のあるかゆみに大別でき、この違いによって大まかな診断が可能になります。

 しかし、掻破(引っかくこと)による影響が生じやすいため、最初は発疹のないかゆみであっても、かき壊しによって湿疹化や二次感染を起こすこともよくあります。そのため、陰部のかゆみでは、かゆみの発生原因をはっきりさせることに、より主眼をおく必要があります。

必要な検査と疑われる病気

 発疹のないかゆみでは、第一に限局性皮膚掻痒症が疑われます。前立腺肥大、外陰萎縮、腟炎、汗むれや便・尿もれの刺激、神経過敏などが原因として潜んでいる場合があります。

 発疹に伴うかゆみには、白癬(輪状の斑)やカンジダ症(白色のふやけた薄膜を伴う赤色斑)といった真菌(カビ)感染症によるものが最も多くみられます。そのほかには、毛穴や汗の出口の細菌感染、ウイルス感染症の単純疱疹(小さな水疱が集まる)があり、かゆみや痛がゆさが生じます。真菌や細菌感染症では、確定診断のために顕微鏡や培養の検査を行います。

 感染症以外では、掻痒症に続発する慢性湿疹(ビダール苔癬)、おむつかぶれ皮膚炎、陰毛部の脂漏性皮膚炎の発症が多くみられます。慢性湿疹に類似した皮膚がん(パジェット病)も陰部に好発するので、注意する必要があります。

家庭での対処のしかた

 過剰にならない程度に陰部の清潔に心がけましょう。市販の外用薬でかゆみ症状が軽減することもありますが、根治治療を遅らせる可能性もあるので、症状が長引く場合は、すみやかに受診しましょう。

(執筆者:種井 良二