ずいまくえん、のうえん髄膜炎、脳炎

優良な非公開求人が多数あります。
gooヘルスケア×ナースフル 看護士の求人情報をしらべる
小児科
初診に適した科

髄膜炎、脳炎とはどんな病気か

 髄膜炎は発熱と頭痛、嘔吐や、時にけいれん(20〜30%)を起こすもので、脳炎はそれに加えて意識障害を伴うのが特徴です。乳幼児が多くかかります。

原因は何か

 髄膜炎は細菌とウイルス、脳炎はウイルスが大部分の原因です。髄膜炎を起こす細菌(インフルエンザ菌や肺炎球菌など)は鼻やのど、肺に付着し、そこから血管内へ進入して髄膜に到達し、髄膜炎を起こします。髄膜炎や脳炎を起こすウイルス(夏かぜ、おたふくかぜヘルペス日本脳炎などのウイルス)は神経に感染しやすい性質があります。しかし、それらが感染しても髄膜炎、脳炎にかかるのはごく一部です。

症状の現れ方

 発熱、頭痛、嘔吐で始まり、24時間以内に髄膜刺激症状(髄膜炎でみられ、頸の前屈で痛みを生じる)や意識障害(脳炎でみられる)、けいれんを起こします。乳児の髄膜炎は髄膜刺激症状があまり現れず、泣き声がかん高くなって大泉門(前頭部にある頭蓋骨のすきま)がふくらみます。

検査と診断

 髄膜炎は髄液検査(炎症所見、微生物検出)で、脳炎は髄液検査と脳のCTやMRI(脳浮腫(のうふしゅ)像、脳病変)、脳波(高振幅徐波(じょは))で診断します。

治療の方法

 入院が必要です。細菌性髄膜炎には抗菌薬(インフルエンザ菌に対してはステロイド薬を併用)、ヘルペス脳炎にはアシクロビル(ゾビラックス)が有効であり、早期に治療を開始すれば予後の改善が期待できます。抗けいれん薬の使用や脳浮腫の治療(輸液制限、濃グリセリン・果糖の点滴)も行われます。
 重症例では神経後遺症のリスクが高くなります。

髄膜炎、脳炎に気づいたらどうする

 発熱と頭痛、嘔吐がある時は、小児科を受診してください。

関連項目

 急性脳症

(執筆者:千田 勝一

※初診に適した科を掲載しています。なお病院・診療所によって診療科目の区分は異なりますので、受診の際はよくご確認ください。

同じ分類でよく見られている病気


トピックス
注目 みんなの笑顔を引き出すおもいやりとは?
注目 専門医も探せる!病院検索リニューアル
特集
みんなが笑顔になる美味しいメニューみんなが笑顔になる美味しいメニューテルウェル東日本が運営する社員食堂をご紹介します
【アロエ植物ステロール】あろえしょくぶつすてろーる【アロエ植物ステロール】あろえしょくぶつすてろーるアロエベラに含まれる5つの希少な植物ステロールに注目が集まっています。
金縛りはどうして起こるの?金縛りはどうして起こるの?寝入りばなに起こりがち…意識はあるのに脳の指令が届かず体が動かない!
たびたび鼻血が出るのはなぜ?たびたび鼻血が出るのはなぜ?鼻血がたびたび出たり、なかなか止まらないときは耳鼻科を受診して
今週のコラム
切り干し大根と青菜の梅キムチ切り干し大根と青菜の梅キムチ
青菜のお浸しに飽きたら
あなたにとって理想的な睡眠は?あなたにとって理想的な睡眠は?
若い世代は夜更かし、働く世代は睡眠不足に注意!
賢い健診講座9 腎機能検査賢い健診講座9 腎機能検査
腎機能検査として重要なのは尿たんぱくと血清クレアチニン値
お知らせ
からだにいいこと

毎月16日発売

健康ブログ
CheerUp!ダイアリーCheerUp!ダイアリー元NFLチアリーダー齋藤佳子が綴る元気になるブログ

美と健康に悩む人たちと共に歩む美と健康に悩む人たちと共に歩む女性の美と健康の専門クリニックの院長先生が綴る日記
木下代理子の彩色健美木下代理子の彩色健美メンタル&ライフへの色彩処方箋ブログ
Alla Salute di Tutti!Alla Salute di Tutti!塚本悦子のナチュラル・ワイン・ライフ
gooヘルスケアについて
サービス案内