せんてんせいじろうこう先天性耳瘻孔

お仕事をさがす

耳鼻咽喉科
初診に適した科

先天性耳瘻孔とはどんな病気か

 遺伝が関係するもので、多くの場合耳介の前方に小さな孔(あな)(瘻孔)として認められ、その大きさは縫い針の穴程度のものです(図5)。時々その孔が耳介軟骨(じかいなんこつ)の上にできる場合もあります。
 耳介は胎児期にいくつかの軟骨性の塊が寄り集まってひとつの軟骨に形成されるものと考えられています。これらの塊がひとつの軟骨に癒合(ゆごう)する時にうまくできず、小さなすきまができてしまうのがこの病気だと推測されています。
 この小さな孔の下には袋状のものが隠れています。そこににおいのある白い泥状の分泌物がたまるとふくらみ、孔から自然に、または孔の周囲を圧迫すると分泌物が出てくることがあります。この分泌物が感染の原因となって炎症を起こす可能性があります。感染すると、袋ごと発赤してはれあがり、孔の周囲に痛みを訴えます。袋からさらに周囲の皮下組織に炎症が及ぶと発赤とはれが拡大し、うみがたまり、激痛が起きます。

治療の方法

 孔を見つけても何も症状がなければ放置してもかまいません。感染しないように孔の周囲を清潔にするように心がけてください。感染を起こした場合、初期ならなるべく外科的治療をせず、抗生剤や消炎薬などで治療します。しかし、炎症がひどくなり膿瘍(のうよう)になると内服薬では効かず、救急処置として、切開してうみを出す必要があります。いったん炎症がおさまったら、再度、袋ごと孔を摘出する手術を行います(図6)。
 袋はさまざまな形をしており、耳介軟骨に癒着することもあれば、軟骨を貫(つらぬ)いてさらに奥に入っている場合もあります。まれに袋が外耳道にまで達することもあります。緊急処置として過去に排膿のために切開を加えていると、瘢痕(はんこん)組織などで摘出術中に袋の形がわかりにくくなることがあります。
 袋を広範囲に摘出すればとくに問題はないのですが、袋が複雑な走行をした症例では摘出術中に袋の一部分が取り切れず、残ってしまうと再発することもあります。

(執筆者:中山 明峰

※初診に適した科を掲載しています。なお病院・診療所によって診療科目の区分は異なりますので、受診の際はよくご確認ください。


トピックス
注目 みんなの笑顔を引き出すおもいやりとは?
注目 クイズ形式でチャレンジ!「ダイエット検定」
特集
みんなの笑顔を引きだすおもいやりとは?みんなの笑顔を引きだすおもいやりとは?地元北海道の食材にこだわった人気メニューをご紹介します
【HSP】ひーとしょっくぷろてぃん【HSP】ひーとしょっくぷろてぃんあらゆる生物に備わっていて、健康や美容に効果があるたんぱく質
金縛りはどうして起こるの?金縛りはどうして起こるの?寝入りばなに起こりがち…意識はあるのに脳の指令が届かず体が動かない!
たびたび鼻血が出るのはなぜ?たびたび鼻血が出るのはなぜ?鼻血がたびたび出たり、なかなか止まらないときは耳鼻科を受診して
今週のコラム
その激しい動悸、不安感はパニック障害かもその激しい動悸、不安感はパニック障害かも
若い女性に多く、ストレスや過労が引き金になることに注意
えびとにらの棒餃子えびとにらの棒餃子
えびのぷりぷり感がたまらない、ぜいたく餃子
女性に人気上昇中! お灸の健康効果って?女性に人気上昇中! お灸の健康効果って?
「女性のためのお灸教室」体験レポート
お知らせ
からだにいいこと

毎月16日発売

健康ブログ
CheerUp!ダイアリーCheerUp!ダイアリー元NFLチアリーダー齋藤佳子が綴る元気になるブログ

美と健康に悩む人たちと共に歩む美と健康に悩む人たちと共に歩む女性の美と健康の専門クリニックの院長先生が綴る日記
木下代理子の彩色健美木下代理子の彩色健美メンタル&ライフへの色彩処方箋ブログ
Alla Salute di Tutti!Alla Salute di Tutti!塚本悦子のナチュラル・ワイン・ライフ
gooヘルスケアについて
サービス案内