げきしょうかんえん劇症肝炎

内科】 【消化器科
初診に適した科

劇症肝炎とはどんな病気か

 劇症肝炎とは、急性肝炎のなかでもとくに重症のもので、高度の肝機能不全(かんきのうふぜん)と意識障害(肝性脳症(かんせいのうしょう)または肝性昏睡(かんせいこんすい)と呼ぶ)を特徴とします。
 日本では、表1に示すような診断基準に従って劇症肝炎を診断します。
 診断するうえでの重要なポイントは、肝炎様の症状(発熱、かぜ様症状、倦怠感(けんたいかん)、食欲不振など)が現れてから8週(56日)以内に肝性脳症(意識障害)が現れること、高度の肝機能不全を表す血液生化学検査であるプロトロンビン時間が40%以下を示すことです。
 さらに、肝性脳症の出現までの日数により、2つの臨床病型に分けています。すなわち、10日以内に肝性脳症が現れる急性型、11〜56日以内に肝性脳症が現れる亜急性型です。
 このように2つの臨床病型に分けたのは、両者の最終的な予後(生存するか、死亡するか)が異なることが最大の理由です。実際に、内科的な救命率(肝移植例を除く)は急性型50%、亜急性型20%です。また、原因により救命率は異なります(図3)。

原因は何か

 ウイルスと薬物(アレルギー)が主な原因です。自己免疫性によるものも、まれにみられます。
 ウイルスには、肝炎ウイルスと肝炎ウイルス以外のウイルスがありますが、劇症肝炎の原因としては肝炎ウイルス(A型、B型、C型、D型、E型)がほとんどです。日本ではB型肝炎ウイルスによるものが多い状況にあります。図4に日本の劇症肝炎の原因別頻度を示しましたが、今なお原因不明な例も多く認められます。
 なお、既知のウイルスが陰性で薬物なども否定された場合を、非A非B非C型と呼んでいます。最近、E型肝炎ウイルスによる劇症肝炎例も報告され、いずれも海外渡航歴のない国内に在住する人からの発病として話題になっています。非A非B非C型の場合には検索が必要です。

症状の現れ方

 劇症肝炎に特徴的な症状は肝性脳症(意識障害)ですが、初期症状は通常の経過をたどる急性肝炎と何ら変わりはありません。前述したように発熱、かぜ様症状、倦怠感、食欲不振、吐き気、嘔吐などが最初に現れ、尿の色が濃くなって黄疸(おうだん)に気づくようになります。
 意識障害出現までの日数はさまざまで、急性型と亜急性型がありますが、急性型のうち、肝炎様症状に続いて2〜3日で出現する場合を超急性型と呼んでいます。
 亜急性型ではあまり症状がなく、徐々に黄疸や腹水が増加したあとに、急に意識障害が現れることもしばしばみられます。
 肝性脳症の程度は、昏睡度(こんすいど)分類(表2)に従って判定します。昏睡II度になると誰が見てもわかるようになり、興奮状態やせん妄状態となり、体動が激しくなります。しかし、昏睡I度の判定は専門家でも難しい場合があります。

検査と診断

 血液生化学検査では、肝機能検査、腎機能検査、血液凝固検査が行われます。とくにプロトロンビン時間の測定は必須ですが、肝臓で合成される蛋白質(凝固因子も含む)や脂質の状態を反映する検査項目(アルブミン、コリンエステラーゼ、コレステロール)、ビリルビン抱合能(総ビリルビンと直接型ビリルビンとの比)、ヒト肝細胞増殖因子も重要な検査項目です。
 血清トランスアミナーゼ(AST[GOT]、ALT[GPT])は肝機能障害の指標として有名ですが、劇症肝炎の診断には役立ちません。また、原因を探るために肝炎ウイルスマーカーも検査します。
 各検査値は、どの時点で医療機関を受診したかで異なりますが、急性型と亜急性型では肝性脳症発現時の肝機能検査値に違いがみられます。

治療の方法

 劇症肝炎の内科的治療法を表3に示しました。基本的には、肝性脳症の改善を図り、破壊された肝細胞が再生されるまで人工肝補助(血漿交換(けっしょうこうかん)など)を行い、合併症(腎不全播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)、感染症、脳浮腫)の発生を防ぐことが重要です。
 人工肝補助は、肝細胞の広汎な壊死(えし)および肝機能の低下によって体内にたまった中毒性物質(アンモニアなど肝性脳症の原因となる物質)の除去と、不足した必須物質(凝固因子(ぎょうこいんし)など)を補充することを目的としています。
 原因ウイルスが明らかな例では、抗ウイルス療法も行われます。

劇症肝炎に気づいたらどうする

 肝性脳症が出現したら、ただちに血漿交換などの人工肝補助療法を開始しなければなりません。
 また、明らかな意識障害がなくても、先に述べた肝機能検査で著しい異常を認めた場合には、劇症肝炎へ移行する危険性があることを考え、肝臓専門医と相談しながら治療を行い、できるだけ早期に総合的な治療が可能な医療機関へ移送することが大切です。
 急性肝炎の重症型(昏睡I度以内でかつプロトロンビン時間が40%以下を示す例)が劇症肝炎に移行する頻度は約30%です。

(執筆者:鈴木 一幸

※初診に適した科を掲載しています。なお病院・診療所によって診療科目の区分は異なりますので、受診の際はよくご確認ください。


トピックス
注目 社員の健康を考えたおもいやりとは?
注目 クイズ形式でチャレンジ!「ダイエット検定」
家庭の医学
病気検索ランキング今注目されている病気
特集
社員の健康を考えたおもいやりとは?社員の健康を考えたおもいやりとは?メニューにこめられた「おもいやり」をご紹介します。
【キヌア】きぬあ【キヌア】きぬあ世界的に注目されている雑穀の一種、キヌア。
金縛りはどうして起こるの?金縛りはどうして起こるの?寝入りばなに起こりがち…意識はあるのに脳の指令が届かず体が動かない!
たびたび鼻血が出るのはなぜ?たびたび鼻血が出るのはなぜ?鼻血がたびたび出たり、なかなか止まらないときは耳鼻科を受診して
今週のコラム
絹さやとえのきの炒め物絹さやとえのきの炒め物
絹さや・えのきの異なるシャキシャキ感を楽しむ
おしっこの色が黄色いのはなぜ?おしっこの色が黄色いのはなぜ?
古くなった赤血球の成分は肝臓、腎臓を経て黄色く
高齢者の暮らしを支える「地域包括ケア」高齢者の暮らしを支える「地域包括ケア」
住み慣れた地域での高齢者の暮らしを支える新しい仕組み
人気コラム
胃がんの検診と検査胃がんの検診と検査患者さんの苦痛を軽減する検査法の開発が進んでいる
女性の検診・検査どう受ける?女性の検診・検査どう受ける?職場や市区町村で実施する健診・検診は無料または低料金
人間ドックを受けてみますか? 人間ドックを受けてみますか? お値段はオプションしだいでピンからキリまで
主婦も健診を受けよう!主婦も健診を受けよう!家族だけでなく自分も大切に! 今年こそ受診を
gooヘルスケアについて
サービス案内
gooのお知らせ
世界初コンティニュア対応血圧計販売gooからだログはじめようPCヘルスケア 世界初コンティニュア対応血圧計販売!
ダイエット診断・検定gooダイエットダイエットや健康に関する基本から、調理法、食べ方、栄養などにまつわる知識まで、ダイエット診断・検定にチャレンジ!
goo求人&転職goo求人&転職高収入かつ食事付き、1日4時間以内のアルバイトなど多数掲載中!
教えて!goo事業所のお客様のICTに関するお困りごとについて、お気軽にご相談ください